ZUTTOのブログ

MONDAINE メッシュベルトの調節方法


ベルトの長さの調節が必要な場合、
時計店へお持ち込み頂くか、以下参考に調整下さい。
※破損しないようご注意下さい。細いドライバーが必要となりますので、
ご自分での調整が難しい場合、時計店に依頼することをおすすめします。


<メッシュベルトのサイズ調整>


1. 小さなマイナスドライバーを下図1のように
留め具の穴に差し込み、留め金を持ち上げます。

2. 留め金をスライドさせ(下図2)、お好みの位置で
ベルト裏側の溝と金具の溝を合わせた状態で指で抑えます。

3. 押し上げた時と同様に、ドライバーを穴に差し込み、てこの原理で
押し戻します。(下図3)

※溝にしっかりとはまっていない場合や、
上記以外の方法で無理に押しますと破損する恐れがございますので、ご注意下さい。


mesh1.jpg


mesh2.jpg


投稿者: 日時: 2014年02月26日 14:55 |

ブラシをブラシで梳かしました。



こんにちは。
ZUTTOの堺です。



先日、商品整理していたら、
REDECKERのベビーブラシの毛がちょっと乱れていたので、
以前に、お客様からそうした声があったことを思い出し、
なんとかなるかなと、スタッフがメーカーのトミタさんに相談。


すると、
ドライヤーで温風を当てながら、
優しくブラッシングが良いというお話。


『ブラシをブラッシング』
なんか面白いですね。


数日後、『ブラシをブラッシング』をしようとしたら、
乱れていたブラシは、湿度の影響なのか、ほぼ元通りになっていました。

せっかく教えてもらったので、
仕上げのように整えてみようと、
温風&ブラッシング&指で撫でるという作業を行いました。


黙々と、何本かのブラシの毛流を整えていくと、
1本目より2本目、3本目・・・・
少しずつコツを掴んで職人気分に。(笑)


そんな気分を味わいながら
熟練の職人さんの手によってひとつひとつ丁寧に作られるものは、
機械生産にない温かみと、こうしたお手入れが出来るものが多いなぁ、と思いました。

赤ちゃんの髪の毛はふわふわの産毛のように細くて柔らかい。
その柔らかい毛に合わせた
REDECKERの山羊毛のベビーブラシ、
ご使用中に毛のボサボサが気になった時には、お試して下さい。



投稿者: 日時: 2012年07月11日 12:15 |

カンケンバッグのショルダー調節方法

kanken8-1.jpg

1.ショルダーの左右の上にボタンが付いています。

kanken9-1.jpg

2.ショルダーの上のボタンを外します。

kanken11-1.jpg


3.下のベルト部分で長さを調節していきます。

kanken10-1.jpg

4.左右を合わせて完成です。

kanken12.jpg

投稿者: 日時: 2012年03月09日 16:52 |

カンケンバッグミニのショルダー調節方法

kanken-1.jpg

1.ショルダーの左右の下にはボタンが付いています。

kanken-2.jpg

2.ショルダーの下にあるボタンを外します。

kanken-3.jpg

3.ショルダーの上にあるD字型のフープ部分から紐を抜きます。

kanken-4.jpg

4.下のベルト部分で長さを調節します。

kanken-5.jpg

5.ちょうどいい長さに合わせたら、ボタンを留めて完成です。

kanken7.jpg

※小さなお子様で、ショルダーの紐が長く余る場合は、
左右の紐をクロスさせて、下のボタンで留めることも出来ます。


投稿者: 日時: 2012年03月09日 16:35 |

 
 
 
"使い方"の記事
Categories
Monthly Archives
Search this site