ZUTTOのブログ

輪島キリモト うるし事務所





輪島キリモトのショールーム兼事務所に
企画の打ち合わせに出かけてきました。


伺ったうるし事務所は、懐かしい商店街が残る清澄白河の
昔ながらの製紙工場などが立ち並ぶ路地に
隅田川の風が吹く気持ちのいい場所です。



今回は、輪島キリモトのブランドインタビュー撮りで、
代表の桐本泰一さんにブランド誕生秘話など伺ってきました。

最近、買おうか買うまいか迷ったレンテン族の刺繍コースターの上に
のって出された漆のカップに入ったお茶は、
丁寧に淹れて頂いたこともあって格別でした。


blog0511.jpg



また、初めての訪問の時には気づかなかったのですが、
清澄白河の商店街にはのらくろの看板やグッズが多くありました。
のらくろのキャップなども売っていて、
通りには「のらくろード」と名付けられていたので、驚きました。
のらくろ自体、懐かし過ぎて衝撃でした。


blog0512.jpg


なぜのらくろがこんなに多いのか
桐本さんに質問したところ、漫画「のらくろ」の作者、
田河水泡(たがわすいほう)が
若い時にこの辺りで暮らしていたそうでした。



さて、桐本さんに伺ったお話は、現在公開準備中ですので
もう少しお待ち下さい。


投稿者: 日時: 2014年05月11日 10:34 |

チャリティーカンケンバッグを数量限定で発売予定


フェールラーベンの定番リュック、カンケンバッグには、
ブランドロゴの北極ギツネのリフレクターが付いています。


創設者オッケ・ノルディンが、少年時代に厳しい天候の中でも
生き延びる北極ギツネに出会い、感銘を受けことが
このブランドが生まれた背景にあります。


その北極ギツネは、過度な狩猟と地球温暖化により、
現在絶滅危惧種に指定されています。
フェールラーベンは、北極ギツネを保護する活動を行っており、
2010年の白いカンケンバッグに続き、
2度目となるチャリティーカンケンバッグ(オックスレッド×ブリック)を
数量限定で発売です!
その限定色の他に、もう一色、新色のオークルも登場します。


blog_kanken.jpg


6月下旬発売予定ですので楽しみにしていて下さい。
なお、カンケンバッグはいつも入荷をお待ち頂くことが多いのですが、
現在、割合在庫のご用意がございます。


<お詫び>
6月下旬に発売の2つと、現在販売中の色以外は、入荷時期が未定です。

お待ちのお客様には、お時間頂戴しておりますことお詫び申し上げます。
※現在欠品している色に関しては、
秋冬までお待ち頂く可能性もございますことご了承下さいませ。


投稿者: 日時: 2013年06月14日 09:51 |

靴/サンダルのサイズ選びについて



インターネットで靴やサンダル選びを行って頂くのは、
実際に試すことが出来ないので、難しいですよね。


ZUTTOでは、お客様に少しでもサイズ選びを行って頂きやすいよう、
スタッフの着用感想をご紹介します。


個人によって甲の高さや足の幅も異なりますので、
ご自身に合うサイズの参考にして下さいませ。



●Kalso earth shoe(カルソーアースシューズ)について

Kalso earth shoe(カルソーアースシューズ)はUS仕様なので、
日本の靴と比べると甲の高さ、足幅が少し狭く作られています。
甲高・幅広の方は、普段履いているものよりも大きめサイズを
おすすめします



【Kalso earth shoe プロスペル】
--------------------------------------------------------------------------------------------------
スタッフY size23~23.5
(幅:普通、甲:普通) 普段着用サイズ23.5cm

7がぴったりサイズです。
6だと横幅がちょっとキツイかなと感じます。靴下を履かなければ
6でも大丈夫そう。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
スタッフN size23.5~24
(幅:広め、甲:普通) 普段着用サイズ24cm

7だと幅がキツイです。柔らかくて履き心地は良いです!
8で紐をキツめに縛って丁度いいです。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
スタッフF size24~24.5
(幅:広め、甲:高め) 普段着用サイズ24.5cm

一番大きい8でも幅がキツイです。
紐を調節してゆるめに履けば8で大丈夫です。
--------------------------------------------------------------------------------------------------





【earth shoe イパネマ】
--------------------------------------------------------------------------------------------------
スタッフA size22~22.5
(幅:普通、甲:普通) 普段着用サイズ22cm

5が丁度良いサイズです。
6だとぶかぶかです。痛いところもなく、歩きやすいです。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
スタッフY size23~23.5
(幅:普通、甲:普通) 普段着用サイズ23.5cm

選ぶとしたら6です。
甲のステッチ部分に若干締めつけ感を感じますが、
痛くは感じません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
スタッフF size24~24.5
(幅:広め、甲:高め) 普段着用サイズ24.5cm

一番大きい7でも甲と幅がキツイです。
幅広、甲高でなければ入りそう。
--------------------------------------------------------------------------------------------------




投稿者: 藤本 日時: 2012年08月10日 17:20 |

靴/サンダルのサイズ選びについて



インターネットで靴やサンダル選びを行って頂くのは、
実際に試すことが出来ないので、難しいですよね。


ZUTTOでは、お客様に少しでもサイズ選びを行って頂きやすいよう、
スタッフの着用感想をご紹介します。


個人によって甲の高さや足の幅も異なりますので、
ご自身に合うサイズの参考にして下さいませ。



●duckfeetについて

熟練のクラフトマンが1足づつ丁寧に仕上げています。
ベルト部分は、サイドの尾錠でベルトの長さを調整出来ます。
ヨーロッパ規格で縦長幅細タイプですので、
普段ご愛用の靴/サンダルよりも少し大きめサイズをお選び頂くことをおすすめします。



【レザーストラップサンダル】
--------------------------------------------------------------------------------------------------
スタッフY size23〜23.5
(幅:普通、甲:普通) 普段着用サイズ23cm

36がぴったりです。
37だと少しゆとりがあり、大きめに感じます。選ぶなら36です。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
スタッフN
size23.5〜24(幅:広め、甲:普通) 普段着用サイズ24cm

37だと小さいです。幅が広めなので、きつく感じます。
38で丁度良いサイズ。ベルト調整を行い、足に合わせると◎
--------------------------------------------------------------------------------------------------
スタッフF
size24〜24.5(幅:広め、甲:高め) 普段着用サイズ24.5cm

幅が広いため37だと締めつけ感があり、痛いです。
甲の高さもあるので、38でベルト調整でゆるめに履いています。
--------------------------------------------------------------------------------------------------





【レザーストングサンダル】
--------------------------------------------------------------------------------------------------
スタッフY size23~23.5
(幅:普通、甲:普通) 普段着用サイズ23cm

36がぴったりです。
37だとサイズが大きく、鼻緒部分に違和感を感じます。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
スタッフN size23.5~24
(幅:広め、甲:普通) 普段着用サイズ24cm

37だと幅も高さもサイズが合っていないように感じます。
選ぶなら38です。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
スタッフF size24~24.5
(幅:広め、甲:高め) 普段着用サイズ24.5cm

38が丁度いいサイズです。
はじめは甲が少しキツイかなと思ったのですが、
だんだんと馴染みます。
--------------------------------------------------------------------------------------------------



投稿者: 藤本 日時: 2012年08月03日 17:44 |

RENグッドデザイン賞 受賞!

ren-gooddesign.jpg



こんにちは。
ZUTTOの丸山です。


ばーん、と発表させて頂きましたが、ZUTTOでも取り扱いのあるブランド、
「植物のリデザイン」をコンセプトに、シンプルかつ印象的なアレンジが得意な
REN(レン)が、2011年グッドデザイン賞を受賞されました~!


お花屋さんとしてグッドデザイン賞を受賞するのはREN(レン)が初めてだそうですよ。
受賞された部門は、特定の商品に対する評価ではなく、ブランド全体としてのコンセプトや
背景、活動そのものを評価するもの。
REN(レン)は、お花や植物のアレンジだけでなく、「植物のリデザイン」という
コンセプトそのものが【グッドデザイン】だということなのです。


実は、デザイナーの川原さんに以前インタビューをさせて頂いた際、
「デザイン賞を狙っています」というお話があったのです!
まさに有言実行ですね!


受賞を記念して、REN(レン)の実店舗では10月3日~12月30日までセールを開催しているようです。
東京都三田にある店舗ですので、もしお近くにお住まいの方がいらっしゃったら、遊びに行ってみて下さいね。
REN実店舗のセール情報はこちら


ZUTTOで取り扱いのあるREN(レン)商品はこちら

投稿者: 丸山 日時: 2011年10月11日 16:55 |

モノの背景にある、人とのつながり



ZUTTOで秋冬に人気の、SHOKAY(ショーケイ)


SHOKAYのあたたかなニット小物素材は、
ヤクという動物の毛から作られています。

ところで、ヤクという動物をご存じですか?
今回は、ヤクについて、またSHOKAY
素敵なストーリーについてご紹介したいと思います☆


★まずは、SHOKAYのご紹介。
SHOKAYは人道支援、
貧困解決のため生まれたファッションブランドです。
社会の主流から取り残されてしまった中国西部のチベット族に、
安定した収入源を確保することを目的としています。


★ヤクって?


yaks2.jpg

ヤクは、標高3000メートル以上の高地という限られた動物しか
生息できない厳しい環境の中で生きる動物です。
(見た目は、牛とそんなに変わらないですね。)


ヤクは全世界に約1400万頭いますが、
その内の1300万頭は中国西部にいます。


ヤクの外側の毛はテントやロープに、
内側の柔らかい毛は衣類や毛布に利用されているのだそう。
また、そのミルクはバターに加工したりなど、
チベット族の人々にとって
生活を支える大切なライフラインがヤクなのです。


一般的にあまり知られていないヤクの毛ですが、
その柔らかい毛は「ダウン」と呼ばれ、
とても高級な繊維であり、カシミヤに匹敵するほどです。

1頭のヤクからわずか100gしか取れないというから、驚きですね!
標高が高ければ高いほど、品質の良いヤクの毛が取れるのだそうです。


チクチクすることなく、柔らかな指通り、しっとり、ふかふかの
ヤクの毛は、寒い季節にとても頼もしい存在です。

心まであたたかくなるような、ニット達です。


↓ヤクを放牧する中国・青海省チベット族の女性

cooperative2.jpg



★この方達なくして、生まれません。


Chongming%20Knitters2.jpg

↑こちらの方々は、中国・崇明島のニッターさん。
SHOKAYのニット小物たちは、この方々をなくしては生まれません。

一点一点、丁寧に手編みされていて、同じ製品であっても
少しずつ表情が違うのが、また魅力。

SHOKAYの手編みのニット製品のタグには、編んだ人の名前が記載されています。
編み目を見ていると、逢ったことはないけれど、
ニッターさん達の姿が思い描かれ、人とのつながりを感じます。

商品だけでなく、その背後にある素敵なストーリーを知ることで、
「もの」に、わたしたちの感情が移り、「愛着あるもの」へと変わっていきます。


生活の中のそばにあるもの一つ一つにも、
沢山の背景や、その商品を通した逢ったことのない人の想いが
つまっているのではないでしょうか。


そんなことを考えると、
日々の暮らしの見方も変わるかもしれませんね。


SHOKAY(ショーケイ)の取扱商品はこちら

投稿者: 藤本 日時: 2011年10月07日 17:09 |

SyuRoの宇南山さん



こんにちは。
ZUTTOの堺です。


先週、新しいZUTTOなもの達を探し求めて、
ライフスタイル展に行ってきました。

インテリア関連の業界の方であれば、
この年に一度の展示に足を運ぶ方が多い、
大きな催事で、私は初めてその様子を見てきました。



グルグルと各ブースを回っていくと、
SyuRoのブースに辿り着き、宇南山さんに遭遇。
宇南山さんは、SyuRoの店主であり、
素敵な商品を生み出しているデザイナー。

SyuRoのお店と商品から伝わる空気が
そのままオーラのように出ている宇南山さん。

blog6.jpg




ちょうど週末にkotaのトートを洗濯し、
ますます帆布が気持ちいい素材になっていたので、
そのことについてお話していました。
そして、この写真を見て頂き、トートバッグがリバーシブルに
使えそうなんです。と盛り上がってきました。

洗濯の後、裏返して干してみると、
裏側でも使えるのでは?と思ったので、
丁度写真にとっていたのです。

防炎シートの端に付いているハトメと
タグがアクセントで素敵ですねー。という
宇南山さんの言葉に、
そうなんですよー。とまるで自分が商品化したみたいに
お話しちゃいました。(宇南山さん、失礼しました。)


宇南山さんは、SyuRoのものづくりと同じで、
心地良く響く空気をその場に作るそんな方でした。

さてさて、これから、気持ちいい季節がやってきますね。
夏空がよく似合うSyuRoのトートの
バリエーションが間もなく増える予定です。

どうぞお楽しみに。

投稿者: 日時: 2011年06月09日 18:37 |

人と動物のために

季節もだんだんと秋らしくなり、
涼しい気候が、深い眠りを運んでくれます。
ただでさえ朝がよわ~い菅原は、
起きることも一苦労な季節です(笑)

そろそろ空気も乾燥してきて、リップクリームやハンドクリームが
手放せない季節が始まります。。。

そんな寒くなる季節にお世話になるリップクリームやハンドクリームなどの化粧品で、
「not tested on animals」というウサギさんのマークを目にしたことはありませんか?
ウサギさんが描かれたマークは、主に化粧品などの製造、開発の際に
動物実験が行われていない証。
(ウサギさんデザインは他にもいくつかあります。)



バズ&スポット 虫さされクリーム

ちなみにこれがZUTTOの商品、バズ&スポット 虫さされクリーム
ついているウサギさんのマークです♪





私がウサギさんマークと出会ったのは、中学生の頃。
初めてこのマークを目にしたとき、まさか身近に売られている
リップクリームやハンドクリームを作る際に動物実験がされていたなんて
知りもしませんでした。

悲しいのは何の罪もない動物たちが、新商品開発のために
殺されている現実。
ウサギは、実験に使われる代表的な動物です。
理由は鳴かないからだと聞きました。
もちろん猫や犬も実験に使われるケースがあるそうです。
人間はその一方で、動物たちに癒しさえ求めるんですね。

ウサギのマークの付いている商品や、
動物実験を行わないとする基準を設けた認定を取得しているオーガニックコスメなどは、
そもそも動物で実験をしないといけないような化学物質を使っていません。
昔から安全性やその効果が実証されているものを使うので、
する必要がないのです。

ZUTTOの商品には、動物に優しく、人にも優しい安心のマークや認定を取得した
雑貨たちがたくさんいます♪



アルガンクリーム

アルガンクリームをはじめとするnaiad (ナイアード)は、
ECOCERTという厳しいフランスの認定を取得しています。
これから欲しくなるハンドクリームも、安心して使えますよね☆



サンプロテクトローション センシティブSPF
こちらのサンプロテクトローション センシティブSPF20のブランドLOGONA(ロゴナ)
ドイツの厳しいBDIH認定基準を取得。
動物実験を行わないだけでなく反対し、製品での動物実験以外に、
原料を仕入れる際にも動物実験が行われていないことを確認しています。
夏はもちろん、これから待ち遠しい冬の季節、ウィンタースポーツに
持っていきたくなります。



earthsolarred
同じようにこちらのビーガンマークも動物に優しいしるし。
こちらは英国の厳格な菜食主義団体によって認定され、
動物性の素材を一切使用していないというもの。
ZUTTOではearth shoes ソーラービーガンで有名です☆
ブラックブラウンホワイトも可愛い♪)
もちろん素材だけでなく、動物実験もしていませんので、
化粧品などにこちらのヒマワリのビーガンマークを見る機会もあるでしょう。





動物が大好きな菅原は、高校生の頃たくさんの菜食主義の友人の仲間に入って
ベジタリアンライフを試してみたことがありました。

が、やっぱり大好きなお肉料理に負け、半年でギブアップ。。。
お肉は大切に頂いて、これからも動物を愛する気持ちを大切にしていきます。




◇◆バズ&スポット 虫さされクリームはこちらから◆◇
◇◆naiad (ナイアード)ブランドの商品はこちらから◆◇
◇◆LOGONA(ロゴナ)ブランドの商品はこちらから◆◇
◇◆earth shoes ソーラービーガン ロッソはこちらから◆◇

投稿者: 菅原 日時: 2009年09月09日 17:59 | | Trackbacks (0)

嬉しい気持ちのおすそわけ

先日作ったチュイールがわりと好評だったのでご機嫌な春山です。
 チュイールとは…瓦せんべいクッキー版で、薄くてさくさくして香ばしいお菓子です。

お菓子を作るのが好きなので時間を見つけて作っているのですが、
最近、柳宗理のステンレスボールとホイッパーを買ったのが嬉しくて、
しゃかしゃかとお菓子作りに励んでいます。

ホイッパーはZUTTOでの取り扱いがないのですが、
ステンレスボールはいろいろな大きさを揃えております。
フチがくるんと反り返っていないので、洗った時に水切れが良く、
乾きやすいので重宝しています。
使っている最中のことだけでなく、使った後に洗う時のことまで
考えられているなんてさすが柳宗理という感じです。

そんなわけで、前にも増して楽しい気分でお菓子作りをしています。


キッチンツールがお得意の「mastrad (マストラッド)」「menu (メニュー)」
「LE CREUSET (ル・クルーゼ)」「OXO (オクソ)」、そして「柳宗理」といったブランドは、
たいてい共通した考え方を持っている気がします。
機能的でかつ、デザインが秀逸であるモノこそ真に美しく、
そういった使い勝手の良さが使う人に喜びや楽しさを与えるという考えです。

ただ単に格好だけのデザインを追及するのではなく、使い手にとって快適なデザインを完成させると、
結果的に美しいモノが生まれるのかもしれません。


お菓子を作るときはたいてい、誰かに食べてもらうことを考えながら作ります。
なにを食べても褒めてくれる父と母、なかなか辛辣な意見を言ってくれる妹、
甘いものが大好きな友達、そしてたまには物欲しそうな眼で訴えかけてくるわんこ。
ひとりで食べるのでは味気ないですものね。

それを食べる人が幸せな気持ちでいっぱいになってくれたら、と思いながらお菓子作りをすることと、
それを使う人が嬉しい気持ちになってくれたら、と思いながらキッチンツールをデザインすることは、
どこか共通するところがあるのかもしれません。


幸せを分けてくれるキッチンツールを使って、今度はなにを作ろうかと思案中です。

投稿者: 春山 日時: 2007年09月20日 20:09 | | Trackbacks (0)

 
 
 
"ブランドのおはなし"の記事
Categories
Monthly Archives
Search this site