ZUTTOのブログ

万年筆の作法



オフィスに届いた1枚の葉書。
愛媛の消印が押されたその葉書は、
今治のタオルメーカー、
宮崎タオルさんからの季節のお便り。

14102901.jpg



イラストなど書かれておらず、
深みのある群青色のインク文字に
朱色の角印が押されただけのシンプルなものでしたが、
ところどころ滲みインクが溜まった部分だけが
色濃く残る文面は、書いた人の筆のスピード感まで
表しているようで、何だか嬉しくなりました。

そう、万年筆です。

せっかくなので、返事は手書きにしたいなと思い、
しまっておいたLAMYの万年筆を取り出します。



14102902.jpg




購入して5年ほどになるLAMY safari。
いざ書こうとすると、インクが出てきません。
クルクルとペン本体を外すと…、インク切れでした。

14102903.jpg



しばらく使わずにしまってあったので、
ペン先が詰まっているかも、と思い
思い切ってペン先のクリーニングから取り掛かることに。




////// LAMY safariのお手入れ(カートリッジ式万年筆) //////



購入以来、ずっと同じ色の専用カートリッジを
入れ替えて使ってきましたが、
考えてみればペン先のメンテナンスはこれが初めて。

長い間使わずに置いておくと、
インクの水分が蒸発するのでインクの成分で
ペン先が詰まってしまいます。


14102904.jpg



用意するもの:
・愛用の万年筆
・水を入れるコップ
・新しいインクカートリッジ
・汚れても良い布かティッシュペーパー




14102906.jpg





1.ペン先の汚れを柔らかい布がティッシュで拭き取ります。
※インクで服を汚さないようご注意下さいね。


2.ペンの胴を外し、空になったカートリッジを抜き取ります。


3.水を入れたコップの中にペン先ごと浸します。


4.ペン先の詰まりを解消したい時や、
新しい色に変える時の他、
しばらく使わずに保管する時は
このまま数時間〜一晩置くと、より綺麗になります。
この後、流水で洗い流します。


5.水気を拭き取ります。


6.新しいインクカートリッジを装着します。
カートリッジは、回さずに
ぐっと押し込むように付けましょう。



////// 上手な書き方 //////



日頃ボールペンに慣れてしまっていると、
ペン軸をぎゅっと握ってしまいがちですが、
万年筆は構造上、余計な筆圧はかけなくても
インクが出る仕組みになっています。


14102908.jpg



あまり強く力をかけてしまうと、
ペン先を傷めることもあるので、
インクが染み出しやすいよう、
ボールペンよりも少し寝かせ気味、
45〜60度くらいの角度で書くのがコツです。


14102907.jpg






新しいインクを入れた万年筆は
すいすいと進みます。

ペン習字のテキストを片手に、
小学生用の漢字ノートに文字を書いてみたり…


14102909.jpg



海外の小説の好きな一節を
写してみたり…



141029010.jpg



秋の夜長の楽しみがまた1つ増えました。




◇LAMY safari 万年筆について

※スタッフ私物のLAMY safariは古いモデルのため、
ワイヤークリップのカラー等、デザインが最新モデルと異なります。
どうぞご了承下さいませ。

投稿者: 齋藤 日時: 2014年10月29日 15:28 |

琺瑯のお手入れ



先日、茨城の実家から
「秋野菜がいっぱいあるから
まとめて送ろうと思うのだけど、
他に何か欲しいものはない?」とメールがありました。


そんな時パッと思い浮かんだのは、
2年ほど前、実家に贈ったDANSKのバターウォーマー。


ちょうど最近、琺瑯のお手入れ方法を勉強していたので、
「私がメンテナンスするから、荷物の中に
バターウォーマーも一緒に入れてくれる?」と
お願いしたところ、その2日後、段ボールいっぱいの野菜と一緒に
DANSKのバターウォーマーが届きました。


自分が贈ったギフトが、
贈った相手の愛用品となっているのは
とても嬉しいもの。

新品の時よりも、少しばかり傷と焦げが
付いたその姿も、何だか愛らしいんですね。


14102201.jpg




バターウォーマーは、牛乳を温めたり、
ちょっと野菜を茹でたりするのにいつも使っていたらしく、
直火に触れる底面の焦げ付きと、
内側の黄ばみが気になるかな?という状態。


14102204.jpg



琺瑯の表面はガラス質です。
落としたり、大きな衝撃を加えてしまうと
ヒビが入ったり、割れてしまうこともあります。

日々使っていても、大きな傷はないことを思うと、
大事に使ってくれているんだな、とじんわり嬉しい気持ちになりました。

そんな琺瑯は焦げや汚れ落としを定期的にすることで
長く愛用することが出来ます。

////// 焦げてしまった時のケアは… //////


14102209.jpg



1.重曹と食用油を用意します。この2つがクリーナーの役割。
バターウォーマーくらいの大きさのものなら、
重曹はティースプーン1杯、油は1,2滴ほどでOK。

2.鍋にぬるま湯を注ぎ入れます。

3.重曹→油の準備加えて軽くかき混ぜます。

4.鍋を火に掛けます。
沸騰したら火を止めて、そのままお湯が冷めるまでおきます。



14102208.jpg



数時間たったら、柔らかいスポンジで優しく水洗いすれば完了です。



////// 日々のケアは… //////


普段のお手入れは、柔らかいスポンジに
中性洗剤を付けて洗えばOKです。
金たわしやメラミンスポンジは、琺瑯表面のガラス質を
傷つけてしまうので、使わないようにするのが約束なのだそう。


ちなみに、DANSKのバターウォーマーは
木製の持ち手が付いているのですが、
この持ち手を焦がしてしまわないよう、
コンロの火に掛ける時に気をつけるのも、
実は大切なポイントです。


外側に付いた油汚れと焦げ付きが気になったので、
今回はキッチンペーパーに水で溶いた重曹を浸して
優しく擦り取るようにメンテナンスしました。
つるりと綺麗な琺瑯らしい質感が戻り、すっきり。


14102203.jpg






温かいココアやカフェオレが恋しいこの時期。
琺瑯が一番活躍する季節までに、
何かあったかい冬小物と一緒に、
バターウォーマーは実家に送る予定です。
フェルトのスリッパなんて素敵かもしれません。


かつて贈ったギフトを、もう一度贈ることが出来る。
そんな嬉しいお手入れ体験なのでした。


◇DANSK(ダンスク) バターウォーマーについて




投稿者: 齋藤 日時: 2014年10月22日 12:27 |

 
 
 
"2014年10月"の記事
Categories
Monthly Archives
Search this site