ZUTTOのブログ

ウールのシャンプー



9月も半ば。

天気予報の数字は同じでも、春の25℃と秋の25℃では
こんなにも気分が違うのだな、と時々不思議に思います。


もうすぐウールのニットやストールが
恋しい季節がやってきますね。
春先にクリーニングに出してしまっておいた
お気に入りのニットをクローゼットから出して眺める時間。
懐かしい友人に再会した時のような気がするものです。


そこで今日は、1年前に購入したKLIPPANのハーフブランケット
(実は春夏もしばらく使っていた!)を自宅でお洗濯した時のお話。



14091905.jpg




「ドライクリーニング表示」。

このマークが付いていると、
「必ずドライクリーニングに出すように」
という指示のように思えるのですが、
正確には「ドライクリーニングが出来る(=しても良い)」
という意味で、一緒に手洗い可のマークが付いていれば、
自宅で水洗いするのもOK。
KLIPPANのブランケットもこのパターンです。

ドライクリーニングは、石油系・塩素系などの
有機溶剤を使って汚れを取り除く方法なので、
脂溶性の汚れは落とすことが出来ますが、逆にホコリや塵
(お子さんの食べこぼしや赤ちゃんのヨダレなど!)の
水溶性の汚れには不向き。
ソファやベッドに掛けたりして、
日常的に使うというブランケットの使用方法を考えると、
自宅で水洗いしてすっきり使うのがおすすめです。



ちなみに、本国スウェーデンのKLIPPANの方は
「ウールは汚れにくいからそんなに頻繁に洗わなくても大丈夫よ!」
と言っていたとか。
もともとウールは撥水性が高くシミが
付きにくい繊維なので、汚れがつくから…と
神経質にならずに気軽に日常使いをし、
シーズンごとに自宅でお手入れ。
そんな心持ちが良いかもしれません。




14091901.jpg




1:タンブル乾燥(乾燥機による乾燥)は使わずに。
2:漂白剤は使えません。
3:アイロンは150℃を限度として使えます。
4:石油系ドライクリーニングしても大丈夫です。
5:液温は30℃まで(水)、弱い操作なら洗濯機OK。




14091902.jpg



今回は初めて大判のブランケットを洗濯。
洗濯後の縮みが心配だったので、
洗濯する前のサイズを測っておきました。
ハーフサイズのメーカー表記は130*90ですが、
私のKLIPPANは135*86でした。
使っている間に若干、タテ方向に伸びたのかもしれませんね。

洗った後に若干縮んでいるかな?という時は、
低温のスチームアイロンを浮かして
当てながら優しく引っ張ると改善されます。


サイズの大きなブランケットや、
お気に入りのカーディガンを
いきなり水洗いするのはなかなか勇気がいるもの。
手早く優しく、が鉄則のウールの洗濯は、
練習もかねて小さな靴下やマフラーで試すのがおすすめです。




14091903.jpg




1:ランドレスのウール・カシミヤシャンプーを使用
2:浴槽を使ってシャワーですすぎ洗い
3:バスタオルをくるくる巻いて脱水
4:ウールは必ず陰干しに



14091908.jpg




今回はハーフブランケット1枚の手洗いに
ウール&カシミヤシャンプーを15mlほど使いました。
手のひらサイズのミニボトルは3〜4回使えるので、
今年はニット製品の手洗いを試してみようかな?
という方にぴったりなサイズです。

一度自宅での手洗いを経験すると、
さっぱりと洗い上がるのがとても心地良いことに驚きます。



14091906.jpg






14091907.jpg



もうすぐ、新作のスローやオリジナルストールが
登場予定。素敵な秋になりそうです。


投稿者: 齋藤 日時: 2014年09月19日 15:50 |

 
 
 
"2014年09月"の記事
Categories
Monthly Archives
Search this site