ZUTTOのブログ

コットン栽培





コットンの種を植えてみました。

昨年秋、益子の藍屋さんでもらった種で、
「5月になったら植えてみて下さい。」
と教えてもらっていたのと、
コットン栽培のプロ、益久染織研究所さんからは、
「意外にもちゃんと育ちますよ!」
と背中を押す言葉を受けて挑戦しました。


思い立った時には、程よいプランターも、土も少なかったので、
直径7cmくらいのスフレカップに5〜6個の種を植えました。
(全部の種が芽を出さないかもしれない・・・)と、
どっさり植えたところ、全部の種が我も我もと土から芽を出しました。
まるでモグラでも出てくるのではないかという力強良さにぎょっとした程でした。


急いで、鉢をいくつか買って、植え替え、今は、10cmくらいに伸びました。


blog_cotton.jpg


コットンは、ここから6月までの1.5ヶ月くらいは、ほとんど成長しないのだそうです。
地上には伸びませんが、地下に長く細かく根を張る土台づくりをするようです。


7月頃になると、一気に成長して、150cmくらいに伸びるそうです。
花が咲いて、9月には綿の実が弾けてふわふわのコットンボールが収穫できる予定です。
この小さな芽からとても想像できないのですが、
150cmになるということは、大きなプランターへの植え替えをしておく必要がありそうです。




ちなみに、一般のコットン栽培は、綿花に虫が付けば殺虫剤を散布するのが当たり前ですが、
オーガニックコットンの畑では化学合成された殺虫剤は使いません。
害虫を食べてくれるてんとう虫やカゲロウ、バッタなどの益虫で害虫を駆除したり、
虫が嫌う植物の臭いのエキスを撒いたり、ニンニク,唐辛子などの刺激臭のある植物を綿花畑に植えるのだそうです。
てんとう虫は「有機農法の守り神」といわれている存在なんだとか。


そういえば、いつかの展示会で、オーガニックコットンブランドの
マークにてんとう虫がデザインされていたのを見かけたことがありました。




さてさて、7月には無事150cmに成長したコットンの続きを紹介できればと思っています。



投稿者: 日時: 2014年05月29日 14:12 |

セットの贈りもの

贈りものにいくつかの商品を組み合わせて
セットで贈る方もいらっしゃるはず。

最近頂いたご注文の中に、
素敵な贈りものセットがありましたので、ご紹介します♪


1. アニマルアイテムセット

ご出産のお祝いに喜ばれそうな組み合わせ。
赤ちゃんの性別でカラーや柄を
変えるのも良いですね。

ミニシュニールブランケット ファニーマルズ グリーン

うさぎのハリー

1.jpg


2. ガーデニングセット

お庭のお手入れ好きの方に
贈りたいガーデニング用品たち。

ハンドツールセット(スコップ/フォーク)

剪定ばさみ

タブトラッグス(TUBTRUGS)シャロー ピーチ

2.jpg


3. ひんやりドリンクセット

見た目もおしゃれな栓抜きと
こだわり素材のタンブラーで
冷やした飲み物をぐいっとどうぞ。

タンブラー

栓抜き 日食

3-2.jpg


4. 癒やしのインドアセット

ぼんやりと灯る明かりと
自然そのままの香りに包まれたら
お部屋がとっておきの癒やし空間に。

道行灯 ひし

キャンプファイヤーインセンス

4-2.jpg


是非贈りもののご参考にしてみて下さいね。

投稿者: 植田 日時: 2014年05月23日 19:20 |

本とマグカップ

服や靴の選び方が人柄を映し出すのと同じだなと思うのですが、
友人の家にお邪魔した時などは、本とマグカップについ目がいってしまいます。

読みかけの本の隣にお気に入りのマグ
という組み合わせは心地よいものです。


本棚とキッチン。
置き場所こそ違うものですが、
気づくといつの間にか増えていて、いくつあっても嬉しい、
本とマグカップはそんな素敵な関係のように思います。



14051501.JPG


レッド、パールグレー、ホワイトにセラドングリーン。
この4つ、一緒に並べると可愛いです。


14051502.JPG




続いて、おすすめの本をいくつか。

1: fog linenwork(フォグリネンワーク)のカタログ。
年2回発行されるカタログなのですが、写真と装丁がとても素敵で
シーズンが過ぎた後も、本棚から取り出してはよく眺めています。


2:KINFOLK
まだ日本語版が発行される前の、少し古い号。こちらも写真が素敵です。
眠る前に5分くらいぱらぱらとめくるのにぴったり、という感じでしょうか。


3:食卓の情景—池波正太郎
ノスタルジックな言葉の選び方に、お腹が空きます。
この本に出てくるホットケーキのお話は絶品。


4&5:古い文学書とフランスの辞書
古い本には、物としての魅力と力強さがありますね。
辞書は、気ままに開いたページに
たまたま見つけた言葉の意味を読んで楽しみます。



14050701.jpg




本棚に、続きが気になる読みかけの本があること。
お気に入りのマグカップにコーヒーを淹れる楽しみがあること。
ただそれだけのことですが、何だか幸せですね。



14051504.JPG



14051503.JPG


それでは皆さまも、素敵な週末をお過ごしください。

投稿者: 齋藤 日時: 2014年05月16日 13:08 |

輪島キリモト うるし事務所





輪島キリモトのショールーム兼事務所に
企画の打ち合わせに出かけてきました。


伺ったうるし事務所は、懐かしい商店街が残る清澄白河の
昔ながらの製紙工場などが立ち並ぶ路地に
隅田川の風が吹く気持ちのいい場所です。



今回は、輪島キリモトのブランドインタビュー撮りで、
代表の桐本泰一さんにブランド誕生秘話など伺ってきました。

最近、買おうか買うまいか迷ったレンテン族の刺繍コースターの上に
のって出された漆のカップに入ったお茶は、
丁寧に淹れて頂いたこともあって格別でした。


blog0511.jpg



また、初めての訪問の時には気づかなかったのですが、
清澄白河の商店街にはのらくろの看板やグッズが多くありました。
のらくろのキャップなども売っていて、
通りには「のらくろード」と名付けられていたので、驚きました。
のらくろ自体、懐かし過ぎて衝撃でした。


blog0512.jpg


なぜのらくろがこんなに多いのか
桐本さんに質問したところ、漫画「のらくろ」の作者、
田河水泡(たがわすいほう)が
若い時にこの辺りで暮らしていたそうでした。



さて、桐本さんに伺ったお話は、現在公開準備中ですので
もう少しお待ち下さい。


投稿者: 日時: 2014年05月11日 10:34 |

樟(くすのき)の恵み

こんにちは。ZUTTOの植田です。


ZUTTOでも取り扱っている、樟脳(しょうのう)。


昔から、防虫効果があることで知られる樟脳ですが、
私自身はあまり馴染みがありませんでした。


ZUTTOで樟脳を取り扱う際に
一体どんな匂いなんだろう…とどきどきしながら
嗅いでみると、想像以上に自然な香りがしたので
少しほっとしたのを覚えています。(笑)


化学的な防虫剤の臭いがせず、
人の肌にも優しいことが魅力の樟脳。
ただ、樟(くすのき)から取れる樟脳はほんのわずかと
言われています。


貴重なものだからこそ自然の恵みを感じながら
大事に使いたいものです。


IMG_0626.jpg

写真は内野樟脳さんから頂いた
樟脳のもととなる樟の樹皮。
オフィスが森の中に
入ったかのような香りで満たされました。


内野樟脳の製品はこちらからどうぞ。
(天然樟脳は5月中旬に入荷予定です。)
◇内野樟脳ブランドページ

投稿者: 植田 日時: 2014年05月02日 19:19 |

 
 
 
"2014年05月"の記事
Categories
Monthly Archives
Search this site