ZUTTOのブログ

【週刊連載】スタッフ愛用、ずっとな物たち①



◇スタッフ斎藤の愛用品「手作りキルトのお話②」



こんにちは、ZUTTOの斎藤です。

今回から新たにスタートするこの連載。
私たちスタッフが愛用している品々の紹介を
通して「ずっとな暮らし」ってどんなものだろう、
ということに焦点を当てていきます。


まずは私スタッフ斎藤の愛用品を
1つご紹介することからスタート致します!




■愛用品といえば


愛用品、って素敵な響きですよね。
愛で、用いる、品と書いて愛用品。

私はものを選ぶのが
どちらかというと苦手なほうかな?
と思うことが多々あります(苦笑)

日用品や服、家具など
「この中から選ばなくちゃ!」と
思えば思うほど迷ってしまって
「うーん、、もう少し考えてから選ぼう!」と
後回しにしてしまうことが多かったり。


でもその分、じっくり選んだ品は
何年も何年も使い続けたい、そう思っています。




■手作りのキルト


私の愛用品の中から1つ何か
選ぶとしたら何だろう??としばらく
考えて選んだのはこちら。




13080501.jpg




母の手縫いキルトで、写真の左側は5年ほど、
右側は15年ほどになるでしょうか。
ベッドカバーとして夏は1枚だけでさっぱりと、
冬は2枚重ねて使っています。

洗濯を繰り返しているので結構色あせていますね。
右側のものは最初、淡いピンク色だったのですが
今ではすっかり白くなっています。




■実は20年ものです

大きなキルトの他に、長らく
使い続けている小さなポーチがあります。


13080103.jpg




いつも通勤用の鞄に入っている
日常使いのポーチですが、
実はこちら、子供の頃は左右のループに
革紐を通してポシェットとして使っていました。

小さなお菓子をめいっぱい詰め込んで
肩からぶら下げていたのを覚えています(笑)


13080502.jpg






■壊れない、というわけではないけれど


「洗えば洗っただけ色あせちゃうんだけど、
陶器とかガラスみたいに
割れちゃうっていうことはないからね」

キルトを縫っていた母に
そんなことを言われた記憶があります。


古いキルトは端のパイピングから
少しずつほころびてくるのですが、
それもまた味わいの一つ。
ほころびが大きくなったら
時には新しい布地を使って縫い合わせることも。



TTTTTTTTTTTTTTTTTTTT.jpg



あと何年くらい使い続けられるかな?
そう思いながら大切に、でも気兼ねなく
繰り返しお洗濯して毎日使える。
そんな暮らしの中の一品が私にとっては
心地良いように思います。


来週は、このキルトのように古くなった布製品の
お洗濯やケアについて綴ってみたいと思います。
それではまた来週♪




投稿者: 齋藤 日時: 2013年07月31日 11:19 |

 
 
 
Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Recent Comments
Recent Trackbacks
Search this site