ZUTTOのブログ

7月連載【第3回】キッチン、キッチン、キッチン。

201307.jpg



こんにちは、ZUTTOの斎藤です。

今日のテーマはキッチンの収納。

どんなお家でも、必ずある要素、
っていくつかありますね。
住まいのサイズや形が違っていても
外せないもの、というのでしょうか。

でも、逆にそういうものが
そこに暮らす人を表すのかもしれません。


キッチンって、まさにそうですよね。


友人の部屋にお邪魔した時、
整然とスパイスのキャニスターが
並んでいてその子らしい几帳面さを感じたり、
不揃いだけれど家族それぞれお気に入りの
マグカップがあって、家庭的な幸せ感を感じたり。



今回ご紹介するのは、ZUTTOのオフィスのキッチン。
一軒家の間取りなので、オフィスの、というよりも
家族のキッチンという感じが近いかもしれません。



IMG_1433.jpg



スタッフ堺がレイアウトしたグリーンが
さりげなく飾ってあったり(花器はティーポット!)
スタッフが使ったグラスが乾かしてあったり。



13071602.jpg






IMG_1488.jpg





■キッチンの収納=見えない、けれど

広々としたキッチンなので、
パカパカと開閉する戸棚はたくさん
付いていて、中身は見えないんです。

でも、見えないからこそ!
中身が整然とディスプレイされて
いたら気持ちが良いですよね。

スタッフみんなで使うキッチンだから、
一番多いのは食器やグラス。



■カラーを合わせる

まずはカラーを統一。

形やサイズ、メーカーは違っていても
カラーが揃っているとやっぱり
すっきりしますね。

全部真っ白の食器。
なんてことないお皿なのですが、
たくさん並ぶとまた違って見えます。


13071603.jpg





■テイストを合わせる

薄いプレート、深皿、グラス、箸置き…。
用途もブランドもばらばらですが、
「和食器」をまとめて収納してみました。

…渋いですね!!(笑)



13071604.jpg





■サイズ違いを並べる

同じ素材・形のものは
サイズごとで分けるとすっきり。

ガラスのタンブラーはサイズ違いで
並べるとリズムが生まれますね。



IMG_1484.jpg




夏は涼しげなグラスがずらりと並び、
冬はスタッフみんなの分のマグカップが
並ぶキッチン。

お行儀よく並んだお皿やグラスは
仲良しの家族のように見えるのでした。



◇連載バックナンバーはこちら

第一回:アクセサリーを魅せて収納


第二回:ワインの木箱が1つあれば



投稿者: 齋藤 日時: 2013年07月10日 12:27 |

 
 
 
Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Recent Comments
Recent Trackbacks
Search this site