ZUTTOのブログ

◇4月連載「リネンで春の針仕事」
【第三回】リネンキッチンクロス、どう使う?

%E9%80%A3%E8%BC%89%E6%89%89%E7%B5%B5_april.jpg


こんにちは。ZUTTOの斎藤です。


この連載を続けながら、
私はどうして布が好きなんだろう?と
ふと考えてみました。


自分好みの素材やカラーを選べること。
大切に使えば壊れないこと。
洗うほどに柔かくなる肌触り…。


理由はたくさんありますが、
使い方がたくさんあることが
一番の理由かもしれない。
そんなことを考えました。

前回の連載ではリネンハンカチに手刺繍を
しましたが、今日はリネンキッチンクロス
いろいろな方法で使ってみたいと思います。



■まずは、ありのままに使う


カラーや柄を選べるキッチンクロス。
私が選んだのはこちら。



2306-01-1.jpg



一番ナチュラルな無地のキッチンクロス。
45×65cmという使い勝手の良いサイズ。
お皿を拭いたり、鍋敷き代わりに使ったり
するのにちょうど良いんです。



DSC_0276.jpg



キッチンクロスはキッチンクロスとして使う。
ただそれだけのことですが、
普段使いのものにちょっとこだわりあるものを使う。
それが一番シンプルで素敵なことのように思えます。




■タオル代わりに-引っ掛けて使う-


リネンの味わいといえば、
他にはないくったりとした素材感。
…ということで、キッチンに引っ掛けてみました。



DSC_0244.jpg



キッチンに掛けておくと、タオル代わりに使えて便利。
リネンは吸水性も良いのでさっぱりと使えます。



■目隠しや収納に-インテリアファブリックとして使う-


キッチンクロスという名前こそ付いているものの、
インテリアファブリックとして使ってもなかなか素敵。

お料理に使う調味料や乾物を入れている棚に、
目隠しとして上から掛けてみました。



before
DSC_0260.jpg






after
DSC_0267.jpg



こんな風に収納ボックスのように
使うことだって出来ちゃいます。

折り紙で箱を折る要領でキッチンクロスを
折り畳み、何箇所か安全ピンで止めています。


DSC_0271.jpg



こちらのキッチンクロスは大判なので、
クリップ付きのカーテンフックを付けて
カフェカーテンのように窓辺に提げてみるのもおすすめ。



%E9%80%81%E4%BF%A1%E7%94%A8.jpg




■カトラリーケースを作ってみる


ちなみに、こちらのキッチンクロスには、
フックに掛けられるよう、ロゴ入りのループが付いています。



DSC_0314.jpg



引っ掛けるために付けられたループですが、
fogのロゴが入っていて何だか可愛い。
このループに一工夫して何か出来ないかなぁと
考えて、作ってみたのがこちら。
カトラリーケースです。



DSC_0303.jpg



作り方はとっても簡単。



①まず、二つ折りにしたキッチンクロスで
カトラリーを包んでいきます。
ループが付いている端が最後に重なるように折って下さいね。



DSC_0301.jpg



②次に、ループが重なる場所に1つボタンを縫い付けます。

今回は手持ちのボタンの中から、
リネンに合うかな?と思った透明なものを選んでみました。
(ボタンのサイズによってはループに通らない場合が
あるので、注意して下さいね!)



DSC_0306.jpg



③縫い付けたボタンにループを通して、完成!
ボタンを1つ付けるだけなので、もちろんキッチンクロスとして
使うことも出来て、一石二鳥です♪



ありのまま使う。一手間かけてちょっと違う方法で使う。
こんな使い方、いいんじゃない?
こうしてみたら、素敵かも。
そう思いながらあれこれ考える時間が本当に楽しいのです。

たった1枚のキッチンクロスから始まる手仕事。
素敵な使い方はまだまだ沢山ありそうです。


◇連載バックナンバーはこちら

第一回:ピンクッションとまち針の素敵な関係


第二回:リネンに手刺繍


投稿者: 齋藤 日時: 2013年04月19日 10:47 |

 
 
 
Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Recent Comments
Recent Trackbacks
Search this site