ZUTTOのブログ

◇4月連載「リネンで春の針仕事」
【第一回】ピンクッションとまち針の素敵な関係

%E9%80%A3%E8%BC%89%E6%89%89%E7%B5%B5_april.jpg


こんにちは。ZUTTOの斎藤です。

新しい連載企画「スタッフ斎藤の手仕事帖」。

私自身ずっと憧れていたもの、大好きなものを
ひとつずつ手にしながら、ちょっと味のある暮らしの手仕事と
一緒にお伝えする、そんな連載になれば、と思います。



■ちょっと変える、もっと楽しい


私は暮らしの中の「何か」を
少しずつ自分らしく変えることが好きです。

たとえば。

たった1本の小さなスプーンでも、
素材や持ち手のカーブ次第で無数のデザインが生まれています。


小麦粉・お砂糖・卵・牛乳しか使わない
シンプルなクッキーでも、
配合や混ぜ合わせ方が違うだけで
本当にたくさんのレシピがあります。


その中から自分らしいお気に入りを探すこと、
お気に入りに出会うこと。

その楽しさは、暮らしの楽しさとイコールだな、
そんなことを思ったり。


■優しい風合いの布と手仕事


さて、前置きが長くなってしまいましたが、
4月の特集は「リネンで春の針仕事」。



130404_5_5.jpg



私の下の名前、「優」しいに「衣」と書きます。
(うーん、、あまり関係ないですね!笑)

だから、というわけではないですが、
くたっとして味わいのある布小物があると、
思わずにやけてしまいます。

布が好きなので時々針仕事をします。
ちょっと繕いものをしたり、気ままにバッグを作ったり。



130404_4_4.jpg



私の針箱。古いお菓子の空き缶に針や糸、はさみを入れています。
ちょっとごちゃごちゃしていますが、中学生くらいの頃から
愛用している一品です。


■ピンクッションがあったなら


でも、なぜかまち針を刺すピンクッションは持っていません。
ずっとキャンディーの空き缶にそのまま入れていたのですが、
縫い物をする最中にはやっぱりピンクッションが欲しいなぁーと。。。

そこで私の目に留まったのがこちら!



130404_7_7.jpg


Kastehelmi キャンドルホルダーですー!
ぽこぽこした質感が可愛く、ずーっと欲しいと思っていて。
キャンドルホルダーという名前ですが、写真のように
アクセサリーのディスプレイにも使えます。


このキャンドルホルダーを使ってピンクッションを作ってみました!

ガラスのホルダーは安定感があるので
ピンクッションにぴったり。
手芸屋さんで手に入る「羊毛フェルト」をくるくるまるめて
キャンドルホルダーに入れるだけの簡単手仕事です。



130404_1_2.jpg



うーん、、可愛い!!!(笑)
中に入れたフェルトのほっこり感が
ガラスごしに見えて、なかなかマッチしている様子。


■朝露のまち針を作ってみる

ちなみに写真に映っているちょっと大きめの
飾りが付いたまち針は「Kastehelmi(朝露)」の
イメージに合わせて手づくりしてみました。



130404_6_6.jpg



こちらも作り方はとっても簡単。


◇「朝露のまち針」の作り方
--------------------------------------------------
<材料>
・先に丸い玉の付いたまち針
・透明なビーズ
・瞬間接着剤(透明タイプ)

<レシピ>
1.まち針の先に付いた丸い玉に接着剤をまんべんなく付けます。
(接着材が手に付かないように気をつけましょう)

2.接着剤が乾かないうちに、ビーズを付けます。
まち針をビーズでディップするようなイメージで付けると
上手に出来ますよ♪

3.乾くのを待ちます。表面がぼこぼこしてしまう場合は
ビーズの上からもう一度接着剤を塗って表面をならします。

4.完成!
--------------------------------------------------



130404_2_2.jpg



自分専用のピンクッション。お手製のまち針。
またひとつ、お気に入りが増えました。

手仕事の準備が整ったところで、
次回はいよいよリネンに手刺繍をしますよ!

fog linenwork(フォグリネンワーク)
ハンカチやキッチンクロスに春色の糸で刺繍をする予定です。
今、黙々と刺繍図案をデザインしています。
うまく出来るといいのですが。。。


それでは、次回の手仕事帖もお楽しみに♪

投稿者: 齋藤 日時: 2013年04月04日 18:20 |

 
 
 
Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Recent Comments
Recent Trackbacks
Search this site