ZUTTOのブログ

◇4月連載「リネンで春の針仕事」
【第四回】リネンをさっぱり、お洗濯

%E9%80%A3%E8%BC%89%E6%89%89%E7%B5%B5_april.jpg


こんにちは。ZUTTOの斎藤です。

4月連載「リネンで春の針仕事」も今回で最終回。
ハンカチに手刺繍をしたり、キッチンクロスの
新しい使い方を考えてみたり。

連載の最後となる今回は、私のおすすめの
お洗濯・ケア方法をご紹介したいと思います。



■さっぱりと洗い上げる

いつも使うリネンのキッチンクロスやハンカチは
普段使いのランドリー洗剤でじゃぶじゃぶと洗ってOK。


でも、ちょっとお洗濯にこだわりたいな。
そんな時にはこちらがおすすめ。



%E9%80%A3%E8%BC%89%E2%91%A0.jpg



左の青いチューブは
MARIUS FABRE(マリウスファーブル)の
サボンノワール

住まいのいろいろな場所でマルチに使える
お掃除洗剤なのですが、キッチンクロスに付いてしまった
しつこい汚れを落としやすいので好きです。


そして右側がTHE LAUNDRESS(ザ・ランドレス)
アイロンウォーター Classicファブリックフレッシュ Classic


リネンらしいクタクタの素材感も好きなので
キッチンクロスはお洗濯が終わったらノンアイロンで
そのまま使うのですが、エプロンやハンカチは
パリッとアイロンがけしたいもの。そんな時に便利です。



%E9%80%A3%E8%BC%89%E2%91%A1.jpg






■ほんのりと、いい香り


これはリネンに限らず、いろいろは布製品に当てはまるかな
と思うのですが、アイロンがけをするだけで質感がシャキ!っと変わって、
なんだか表情があるなぁと。
シャツやハンカチにアイロンがけをすると
思わず無心になって、手仕事のスイッチが入るというか。
そんな感じがします。




%E9%80%A3%E8%BC%89%E2%91%A2.jpg




THE LAUNDRESSのランドリーケアは
ほんのりと香るさりげなさが好きです。
ボトルもスタイリッシュなので、
いつも部屋の見える場所に飾っておきたくなります。




■ハンカチでアロマを楽しむ


ハンカチにシュッと一吹きするだけで
アロマを楽しむことが出来る
Florame(フローラム)のピロースプレーも大好きなアイテムの1つ。

手刺繍をしたリネンハンカチ。まずはアイロンだけから。
刺繍をした部分は、アイロンでそっと押すようにすると
縫い目が整って綺麗な仕上がりに。



%E9%80%A3%E8%BC%89%E2%91%A3.jpg




そしてピロースプレーをシュッと一吹き。
今回は「フォーエバー・ラベンダー」の香りを選びました。




%E9%80%A3%E8%BC%89%E2%91%A4.jpg



例えば手を洗ってハンカチを使った時、
ふんわりとほのかにラベンダーが香ります。
とても小さなことですが、
目には見えない自分だけのとっておきが
あるように思えて嬉しくなります。

ピロースプレーはその名の通り
もともとは枕にスプレーしてアロマを楽しむための
ものですが、こうしてハンカチに香りを吹きかけて
持ち歩くというのも素敵ですよ。



■だからリネンが好き―あとがきにかえて―


この連載を書きながら、どうして私はリネンが好き
なんだろうとしばらく考えていたのですが、
未だに、なかなか答えが出ません(笑)

思えば私の母がリネンが好きで、
その影響なのかもしれません。
もうしばらく前のことですが、
生成り色のリネンを使って簡単な
エプロンを作り、そこに手刺繍をして
くれたことがあったのです。

もうすぐ母の日。
今度は私がエプロンに刺繍をして
贈ろうかな、そんなことを考えています。


全4回の連載はいかがでしたでしょうか。
ちょっと手仕事してみようかな、
リネンって何だか良いかも。
そんな風に思って頂けたら、とても嬉しいです。

使えば使うほどに増す風合い。
ジャブジャブと洗える気軽さ。

リネンと手仕事の相性は、抜群でした。


◇連載バックナンバーはこちら

第一回:ピンクッションとまち針の素敵な関係


第二回:リネンに手刺繍


第三回:キッチンクロス、どう使う?



投稿者: 齋藤 日時: 2013年04月25日 15:46 |

カラフルで楽しいモレスキン



こんにちは。

MOLESKINE(モレスキン)の定番ノート、
ポケットサイズとラージサイズの2サイズに新色登場です。


カラフルなバリエーションで、洋服を選ぶように、
色選びが楽しくなるそんなカラフルノートです。

持つ手、バッグの中、机の上で目を引くビビッドな色のノート。
シンプルな横罫ノートですので、
好きな色を一冊選び、その色に合わせてもう一冊、
友達にも一冊・・・
あの人に合う色選びも楽しいノートです。


moleskin.jpg


投稿者: 日時: 2013年04月24日 12:11 |

◇4月連載「リネンで春の針仕事」
【第三回】リネンキッチンクロス、どう使う?

%E9%80%A3%E8%BC%89%E6%89%89%E7%B5%B5_april.jpg


こんにちは。ZUTTOの斎藤です。


この連載を続けながら、
私はどうして布が好きなんだろう?と
ふと考えてみました。


自分好みの素材やカラーを選べること。
大切に使えば壊れないこと。
洗うほどに柔かくなる肌触り…。


理由はたくさんありますが、
使い方がたくさんあることが
一番の理由かもしれない。
そんなことを考えました。

前回の連載ではリネンハンカチに手刺繍を
しましたが、今日はリネンキッチンクロス
いろいろな方法で使ってみたいと思います。



■まずは、ありのままに使う


カラーや柄を選べるキッチンクロス。
私が選んだのはこちら。



2306-01-1.jpg



一番ナチュラルな無地のキッチンクロス。
45×65cmという使い勝手の良いサイズ。
お皿を拭いたり、鍋敷き代わりに使ったり
するのにちょうど良いんです。



DSC_0276.jpg



キッチンクロスはキッチンクロスとして使う。
ただそれだけのことですが、
普段使いのものにちょっとこだわりあるものを使う。
それが一番シンプルで素敵なことのように思えます。




■タオル代わりに-引っ掛けて使う-


リネンの味わいといえば、
他にはないくったりとした素材感。
…ということで、キッチンに引っ掛けてみました。



DSC_0244.jpg



キッチンに掛けておくと、タオル代わりに使えて便利。
リネンは吸水性も良いのでさっぱりと使えます。



■目隠しや収納に-インテリアファブリックとして使う-


キッチンクロスという名前こそ付いているものの、
インテリアファブリックとして使ってもなかなか素敵。

お料理に使う調味料や乾物を入れている棚に、
目隠しとして上から掛けてみました。



before
DSC_0260.jpg






after
DSC_0267.jpg



こんな風に収納ボックスのように
使うことだって出来ちゃいます。

折り紙で箱を折る要領でキッチンクロスを
折り畳み、何箇所か安全ピンで止めています。


DSC_0271.jpg



こちらのキッチンクロスは大判なので、
クリップ付きのカーテンフックを付けて
カフェカーテンのように窓辺に提げてみるのもおすすめ。



%E9%80%81%E4%BF%A1%E7%94%A8.jpg




■カトラリーケースを作ってみる


ちなみに、こちらのキッチンクロスには、
フックに掛けられるよう、ロゴ入りのループが付いています。



DSC_0314.jpg



引っ掛けるために付けられたループですが、
fogのロゴが入っていて何だか可愛い。
このループに一工夫して何か出来ないかなぁと
考えて、作ってみたのがこちら。
カトラリーケースです。



DSC_0303.jpg



作り方はとっても簡単。



①まず、二つ折りにしたキッチンクロスで
カトラリーを包んでいきます。
ループが付いている端が最後に重なるように折って下さいね。



DSC_0301.jpg



②次に、ループが重なる場所に1つボタンを縫い付けます。

今回は手持ちのボタンの中から、
リネンに合うかな?と思った透明なものを選んでみました。
(ボタンのサイズによってはループに通らない場合が
あるので、注意して下さいね!)



DSC_0306.jpg



③縫い付けたボタンにループを通して、完成!
ボタンを1つ付けるだけなので、もちろんキッチンクロスとして
使うことも出来て、一石二鳥です♪



ありのまま使う。一手間かけてちょっと違う方法で使う。
こんな使い方、いいんじゃない?
こうしてみたら、素敵かも。
そう思いながらあれこれ考える時間が本当に楽しいのです。

たった1枚のキッチンクロスから始まる手仕事。
素敵な使い方はまだまだ沢山ありそうです。


◇連載バックナンバーはこちら

第一回:ピンクッションとまち針の素敵な関係


第二回:リネンに手刺繍


投稿者: 齋藤 日時: 2013年04月19日 10:47 |

◇4月連載「リネンで春の針仕事」
【第二回】リネンに手刺繍

%E9%80%A3%E8%BC%89%E6%89%89%E7%B5%B5_april.jpg


こんにちは。ZUTTOの斎藤です。

連載第二回目のテーマは「リネンに手刺繍」。

fog linenwork(フォグリネンワーク)のリネンに
オリジナルのデザインで刺繍をしたいなぁと
ずっと考えていたのです。
何か刺繍に使える春らしいモチーフはないかなぁと思い、
通勤途中にふと目に留まったお花をパシャリ。



hanahana.jpg



まだきりりと冷たい朝の空気の中で
まっすぐに咲いた白い花は凛々しく、
思わず背筋が伸びるような気がしました。

この時期、小さな花々が一気に
花開く様子が好きです。
私もがんばらなくちゃな、と
胸がすくような、そんな気がするものです。

ということで、春をイメージした花模様を刺繍することに決定!



■色鉛筆で絵を描くように


刺繍といっても、難しいことは何もなくて、
発想は小さな子どもが色鉛筆やクレヨンで
お絵描きするのと全く同じ。



13041201.jpg



いいアイディアはないかな?と思い本棚の奥から
刺繍の図案帖を引っ張り出してきました。
以前フランスを旅した時に見つけた古い刺繍の本。


イニシャル刺繍のアクセントに小花をあしらった
デザイン。これをもとに自分のイニシャルを
刺繍してみることにしました。



13041202.jpg



街を歩いていて見かけた春のお花の
イメージを刺繍にしたくて、
ペンを手にデザインを考えます。



■針と糸。それさえあれば


今回使うのはリネンステッチハンカチ

爽やかなイメージのホワイト×ネイビーを選びました。
道具もこれだけ。針と糸さえあればいいんです。
刺繍したいハンカチと針、好きな色の糸。
それから図案を写すための鉛筆と糸切り鋏。

今回はハンカチに刺繍しますが、
もちろんそれ以外だって素敵。
プレイスマットやキッチンクロスも良いですね。



13041211.jpg



■一針ずつ縫い進める楽しさ


ハンカチに鉛筆で図案を写し、
いよいよ縫い進めて行きます!
今回は春らしい色の糸をセレクト。



13041207.jpg



縫い始める前に「そうだ!」と思い立って
お茶を淹れて、お気に入りの音楽を流します。
準備が出来たところで刺繍スタート!

少しずつ縫い進めて、時々曲がっていることに気づき
ほどいて縫い直して、と繰り返します(笑)
無心に手を動かすと時間が過ぎるのも忘れてしまいますね。
1時間ほどでイニシャルが完成!!



13041209.jpg src="http://blog.zutto.co.jp/img/photo/13041209-thumb.jpg" width="488" height="366" />



うーん、少し物足りないかな?と思い、
ハンカチの反対側の角に、花模様をドットのように
描いてみることにしました。
自分らしく、デザインを付けたせることも
手仕事ならではの楽しみですね♪



13041210.jpg



今回の連載、「リネンに手刺繍」いかがだったでしょうか?
手仕事ってちょっと面白いかも。
そんな風に思って頂けたら、嬉しいです。

手刺繍をしたハンカチ、早速使っているんですが、
ハンカチに合わせてピアスを選んだりと、
なかなか楽しいですよ♪



13041217.jpg



次回は、同じfog linenwork(フォグリネンワーク)
キッチンクロスのちょっと新しい(?)使い方を考えてみたいと
思いますので、どうぞお楽しみに♪♪


◇連載バックナンバーはこちら

第一回:ピンクッションとまち針の素敵な関係


投稿者: 齋藤 日時: 2013年04月12日 23:19 |

器でおいしくなるごはん


竹の節部分をそのまま利用した器です。
軽いのが特徴の一つですが、
この 公長斎小菅 竹飯器 でご飯を食べると、
いつも以上に美味しく感じます。


kosuga2.jpg


お茶碗というのは、一般にほぼ決まった形ですが、
こういった素材も形もいつもと違うと、
ちょっと特別な感じです。

それでいて、竹という丈夫な素材が気兼ねなく使えていいのです。
このすべすべとした手触りが京都の繊細で丁寧なものづくりであることを
感じ、食事も美味しく、満足頂ける竹飯器です。


器一つで普段のご飯が美味しくなって、
嬉しかったので、ご飯粒と水菜で
『ごちそうさま』の顔つくっちゃいました。


kosuga.jpg



投稿者: 日時: 2013年04月11日 16:26 |

◇4月連載「リネンで春の針仕事」
【第一回】ピンクッションとまち針の素敵な関係

%E9%80%A3%E8%BC%89%E6%89%89%E7%B5%B5_april.jpg


こんにちは。ZUTTOの斎藤です。

新しい連載企画「スタッフ斎藤の手仕事帖」。

私自身ずっと憧れていたもの、大好きなものを
ひとつずつ手にしながら、ちょっと味のある暮らしの手仕事と
一緒にお伝えする、そんな連載になれば、と思います。



■ちょっと変える、もっと楽しい


私は暮らしの中の「何か」を
少しずつ自分らしく変えることが好きです。

たとえば。

たった1本の小さなスプーンでも、
素材や持ち手のカーブ次第で無数のデザインが生まれています。


小麦粉・お砂糖・卵・牛乳しか使わない
シンプルなクッキーでも、
配合や混ぜ合わせ方が違うだけで
本当にたくさんのレシピがあります。


その中から自分らしいお気に入りを探すこと、
お気に入りに出会うこと。

その楽しさは、暮らしの楽しさとイコールだな、
そんなことを思ったり。


■優しい風合いの布と手仕事


さて、前置きが長くなってしまいましたが、
4月の特集は「リネンで春の針仕事」。



130404_5_5.jpg



私の下の名前、「優」しいに「衣」と書きます。
(うーん、、あまり関係ないですね!笑)

だから、というわけではないですが、
くたっとして味わいのある布小物があると、
思わずにやけてしまいます。

布が好きなので時々針仕事をします。
ちょっと繕いものをしたり、気ままにバッグを作ったり。



130404_4_4.jpg



私の針箱。古いお菓子の空き缶に針や糸、はさみを入れています。
ちょっとごちゃごちゃしていますが、中学生くらいの頃から
愛用している一品です。


■ピンクッションがあったなら


でも、なぜかまち針を刺すピンクッションは持っていません。
ずっとキャンディーの空き缶にそのまま入れていたのですが、
縫い物をする最中にはやっぱりピンクッションが欲しいなぁーと。。。

そこで私の目に留まったのがこちら!



130404_7_7.jpg


Kastehelmi キャンドルホルダーですー!
ぽこぽこした質感が可愛く、ずーっと欲しいと思っていて。
キャンドルホルダーという名前ですが、写真のように
アクセサリーのディスプレイにも使えます。


このキャンドルホルダーを使ってピンクッションを作ってみました!

ガラスのホルダーは安定感があるので
ピンクッションにぴったり。
手芸屋さんで手に入る「羊毛フェルト」をくるくるまるめて
キャンドルホルダーに入れるだけの簡単手仕事です。



130404_1_2.jpg



うーん、、可愛い!!!(笑)
中に入れたフェルトのほっこり感が
ガラスごしに見えて、なかなかマッチしている様子。


■朝露のまち針を作ってみる

ちなみに写真に映っているちょっと大きめの
飾りが付いたまち針は「Kastehelmi(朝露)」の
イメージに合わせて手づくりしてみました。



130404_6_6.jpg



こちらも作り方はとっても簡単。


◇「朝露のまち針」の作り方
--------------------------------------------------
<材料>
・先に丸い玉の付いたまち針
・透明なビーズ
・瞬間接着剤(透明タイプ)

<レシピ>
1.まち針の先に付いた丸い玉に接着剤をまんべんなく付けます。
(接着材が手に付かないように気をつけましょう)

2.接着剤が乾かないうちに、ビーズを付けます。
まち針をビーズでディップするようなイメージで付けると
上手に出来ますよ♪

3.乾くのを待ちます。表面がぼこぼこしてしまう場合は
ビーズの上からもう一度接着剤を塗って表面をならします。

4.完成!
--------------------------------------------------



130404_2_2.jpg



自分専用のピンクッション。お手製のまち針。
またひとつ、お気に入りが増えました。

手仕事の準備が整ったところで、
次回はいよいよリネンに手刺繍をしますよ!

fog linenwork(フォグリネンワーク)
ハンカチやキッチンクロスに春色の糸で刺繍をする予定です。
今、黙々と刺繍図案をデザインしています。
うまく出来るといいのですが。。。


それでは、次回の手仕事帖もお楽しみに♪

投稿者: 齋藤 日時: 2013年04月04日 18:20 |

 
 
 
"2013年04月"の記事
Categories
Monthly Archives
Search this site