ZUTTOのブログ

フィリピンの教育支援プロジェクト



こんにちは。
ZUTTOの堺です。


今日は、社会問題を解決する目的に生まれた
アイディアをご紹介します。

フィリピンには、教育の貧困があるといいますが、
貧しい家庭の子供は幼稚園に行かなかったり、
小学校への入学が遅れるため、学習効果が低かったり、
落ちこぼれにつながっているとの調査結果があります。


以前にスタッフで、フィリピンにボランティアをする機会があった人に
その時の写真を見た時にも、ゴミの山のような所に人の暮らしがあったことに衝撃を受けました。

こうした国では、子どもが教育を受けらず、その子どもが親になっても仕事が得られない、
親になっても仕事がないから子どもに教育を与えられない。
という教育の貧困が連鎖する現状があります。


そのフィリピンの教育支援をするプロジェクトがあったので、
今回はその事についてご紹介します。

ある男性がフィリピンに旅行に出かけたときに、
なんとかその問題を解決できないかと考えて生まれたのが、
『Wanic』と名付けられた、ココナッツのお酒です。


coconuts.jpg

元々は、東ティモールの現金収入支援を目的に生まれたアイディアですが、
ココナッツが豊富なフィリピンでも
同じように利用できないかということで考えられたそうです。

ココナッツの実の中は、無菌状態で、ジュースは点滴代わりに利用されていたほど、
栄養価が高くて衛生が保障されているものなのだそうです。


coconuts2.jpg

そのココナッツの実に高い価値がつくように、お酒にすることで
現金収入を上げることができるのではないかというアイデアです。

ココナッツの実ひとつでだいたい750ml。
日本円で1000円程度の価格を予定しているそうです。

このココナッツのお酒が旅で訪れた方を楽しませ、
それが、子供達が教育を受ける機会につながったらいいなぁと思います。




投稿者: 日時: 2012年04月27日 11:50 |

 
 
 
Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Recent Comments
Recent Trackbacks
Search this site