ZUTTOのブログ

デザインは楽しい。


こんにちは。
ZUTTOの堺です。

先日、六本木のミッドタウンで開催していたDESIGNTIDE TOKYOに行ってきました。

駅の改札を出て、ミッドタウンへ向かう途中、早速感動。

TOYOTAの「ReBORN(再生)」をテーマにした広告が、ズラリ並んでいて、
そこに書かれたキャッチコピーに、日本を背負うTOYOTAだとじーんとしました。
(DESIGNTIDE TOKYOへの期待が、
たまたま貼ってあった広告にも敏感に反応したんでしょうね 笑)


そこからミッドタウンに入ると、これから活躍するデザイナーの作品が、
宝石のように透明な箱の中に展示されていました。
一つ一つ見て回るごとに、
デザイナーのエネルギーがジンジン感じてきましたし、
作品を覗き込む人々が楽しそうにしていました。
自由な発想は、見る人をワクワクさせてくれるなぁ。
と思いながら、館内の各イベントを見て回りました。


その後、「GOOD DESIGN EXHIBITION 2011」へ。
今年のテーマは“適正”。
大賞候補の作品ということもあって、
完成されたデザインにじっと見入ってしまい、展示会場を2周。


最後に、ミッドタウンエントランスに飾られた
田中貴志さんの展示を見ました。 


%E5%86%99%E7%9C%9F20.JPG

作品は、AからZまでの26文字のA3サイズの紙が、
床に積み上げられているというもの。
この用紙の前を通った人が、好きな文字(ワード)を
自由に選び持ち帰れることで、
持ち帰った人と繋がりが出来るというプレゼンテーション。

沢山の人が集まり、そこに「いいねー」という声。
田中さんの作品は、フォントと余白のバランスが素敵で、
作家のホンワカした人柄がその空間に滲み出ている気がします。


ワクワク、ドキドキ、嬉しくなったり、楽しくなったり、
そんな風に、モノの世界を広げてくれるデザインはやっぱりいいなぁと
と思ったDESIGNTIDE TOKYOでした。



投稿者: 日時: 2011年11月07日 11:10 |

 
 
 
Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Recent Comments
Recent Trackbacks
Search this site