ZUTTOのブログ

まな板のすすめ



最近、大きなまな板の他に、薄いまな板、小さなまな板を
用意して複数枚、活用する方が増えています。

小さなまな板を複数持つことで、肉、魚、野菜と
素材に分けて使え、いちいちまな板を洗う手間が省けます。

収納スペースも取らないのが嬉しい点です。
また、切った材料を使用するまで、わざわざボールや
バッドに移さず、そのまま置いておけるのも嬉しいポイントです。

ここで、まな板の選びと長く使う為のコツをご紹介します。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
≪まな板選び≫

大切なのは、丁度いい大きさを選ぶことです。

まな板は、キッチンの大きさにあったものを選んで下さい。
大きなサイズを買う時は、洗い場とガスコンロの
間の長さを計ってみることを忘れずに。
調理台をはみ出すような大きさは、
切っている最中にまな板が動いたりして危ないのです。
刃物を扱うのでこのサイズ選びは重要です。


%E5%86%99%E7%9C%9F9.JPG

写真は土佐龍のまな板です。
右からスタンド付 まな板 大スタンド付 まな板 中スタンド付 まな板 小です。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

≪大切に長く使うコツ≫

1.使う時は、乾いたままでは匂いや色が移るので、
一旦水で濡らし、水気を拭き取ってから使いましょう。

2.使った後はしっかり洗って、しっかり乾かすこと。
これが大事です。
天気の良い日は、陰干しするとまな板も
気持ちいいのではないでしょうか。


まな板は、頻繁に買い替える道具ではありませんが、
思い切って、新しいものを用意すると
いつもより気持ちよく料理ができます。

そして、小さなまな板をキッチンのアイテムに加えることで、
効率良く料理ができるので、こちらもおすすめです。

そんなまな板を一つの贈り物にしてみるというのも良いですよ。
参考までにご紹介させて下さい。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
★おすすめの組み合わせ

名付けて「あると便利なまな板セット」
写真の3つの組み合わせで9,558円です。

スタンド付 まな板 小 1,260円 

ペティナイフ 13cm  6,300円  

リネンディッシュクロス 1,995円   


%E5%86%99%E7%9C%9F10.JPG


今回紹介のアイテム達は、キッチンでのメインアイテムというより、サブアイテム的なモノ達。

結婚祝いに人気のキッチン用品ですが、新生活に必需品なので、
他の誰かの贈り物と重なったり…という心配もありますが、
このセットならそういった心配もなさそうです。

まな板と包丁、対になって一つの役目。
まるで夫婦みたいな二つの道具。

あると便利なアイテム、心遣いの贈り物として是非参考にして下さいね。



投稿者: 日時: 2011年08月30日 16:01 |

ギフト相談



こんにちは。ZUTTOの藤本です。



大切な人への贈りもの選びは、楽しい時間でもありますが、
何がいいかなぁ、など悩んでしまうもの。

大事なひとだからこそ、選ぶのにも慎重になり、時間もかかりますよね。


すでにご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
ZUTTOでは、ギフト選びに困った方への、
ちょっとしたお手伝い、
【ギフトコンシェルジュ】を行っています。


贈る方の性別やギフトの目的
(例えば、結婚祝いや出産の内祝いなど)、
ご予算をお教え頂き、数あるZUTTOの商品の中から、
おすすめ商品をメールで、提案します!


以前、堺のブログでもありましたが、
わたしたちはオンラインストアで商品を販売しているため、
商品の紹介は、手にとって頂いているのと同じか、
それ以上でありたいと思っています。


クリックひとつで、モノが買えるネットの世界ではありますが、
ギフトコンシェルジュも同様、店頭のスタッフさん、
いや、それ以上でありたいと思っています。


少しでも、皆さまのお役にたてればと思っているので、
贈りもの選びに困った時は、
ぜひお気軽にお問い合わせください!


ギフトコンシェルジュはこちら

投稿者: 藤本 日時: 2011年08月22日 19:36 |

ファーストシューズを実際に作りました!


スタッフが、奥さんと一緒に作ったその時の感想と
皆様が気になることを質問形式でご紹介します。
(質問に沿った写真ではありませんが、
作っている様子も少し載せましたので参考にして下さい。)



Q1.製作時間はどれくらいかかりましたか?

A.奥さんと片方ずつゆっくりやって、2時間くらいかかりました。
  一人でやるなら2足目は慣れているから1時間半でも出来ると思います。


%E3%82%A6%E3%83%A1%E3%83%AD5.JPG


Q2.簡単に出来るものでしょうか?

A.説明書に沿って進めるので簡単だと思います。
 既製品のように綺麗に仕上げようとすると、
 針の通し方なども気をつけないといけなさそうですが、
 プロではない、自分たちが縫うものなので、
 あえて少し曲がってても気にせずハンドメイド感を大事にしました。


%E3%82%A6%E3%83%A1%E3%83%AD4.JPG




Q3.お裁縫が得意じゃなくても大丈夫でしょうか?

A.基本大丈夫だと思います。
 時間はかかりますが、それ以上に娘へのプレゼントっていう
 思いで楽しい時間を過ごせました。
 お裁縫が苦手な人が頑張って作るというのもいいと思います。


%E3%82%A6%E3%83%A1%E3%83%AD3.JPG



Q4.失敗などしないものでしょうか?
  間違えたらやり直しが出来ますか?

A.パーツの裏表の合わせ方とか、初めは間違えたりするかもしれませんが、
 糸が長めに入ってますので、やり直しが出来るので心配ないと思います。


%E3%82%A6%E3%83%A1%E3%83%AD2.JPG




Q5.靴底は丈夫ですか?お外で履いても大丈夫でしょうか?

A.履いて実際歩いています。耐久性はあります。
 ただ毎日履くスニーカーと比べるものではないと思います。



Q6.男の子・女の子にお勧めの形はありますか?

A.男の子はbooが可愛いと思います。

 女の子は黒のストラップシューズkomaが女の子らしく、特別なお招きやお出かけ用にいいと思います。



Q7.シューズキットを作る楽しみと感想をお願いします。

A.我が家は右を私、左を奥さんが縫い、1歳の誕生日にプレゼントにしました。
 靴底には日付と誰が作ったか印を入れたりして、大きくなってからその話が出来ると
 いいねとか話しながら作ったのが楽しかったです。
 ちょうど子供が歩き出した時期だったので、それを履いて歩いたときは最高でした。



%E3%82%A6%E3%83%A1%E3%83%AD1.JPG


■umelo ihc(ウメロイーク)のブランド紹介はコチラ

商品は3種類です。


★ファーストシューズキット nico  価格 8,190円


★ファーストシューズキット koma  価格 8,190円


★ファーストシューズキット boo  価格 9,240円



お客様から完成したシューズと感想を頂きましたのでご紹介します♪

shoes1.JPG

haru1.JPG

コメント:本当に2時間くらいでかわいい靴が出来ちゃいました!
最初、「基本の縫い方」の説明がちょっと分かりにくかったのですが、
コツをつかんだら全く問題なかったです。
下の娘にもつくってあげようかな、と考えています。 (更家さま)

----------------------------------------------------------------------------------------
★出来上がりサイズについて★


出来上がりサイズ参考はこちら

※シューズをお作り頂く際の糸の締め加減によって、
仕上がりのサイズに誤差が生じます。
----------------------------------------------------------------------------------------


お客様が実際に製作した際の感想などもお寄せ頂けましたら、
是非、ブログで紹介したいと思います。
完成したシューズをデジカメで撮影して、
感想と一緒にカスタマーサポート宛にお送り下さいね。

カスタマーサポートアドレス: support@zutto.co.jp

投稿者: 日時: 2011年08月08日 14:25 |

東北を、日本を、花火で、元気に。



こんにちは。ZUTTOの藤本です。


7月も終わり、8月に突入しました!
ちょっぴり涼しい日が続いておりますが、
夏らしいイベントをみなさまにご紹介します!



【LIGHT UP NIPPON】

LIGHT UP NIPPON

LIGHT UP NIPPONは、
8月11日(木)に東北の太平洋沿岸で一斉に花火大会を開催するというもの。


東北で地震と津波の被害を受けた方々が、
明日へと歩み続けるきっかけをつくること、
また生きること、生き続けることの先には
希望や喜びが必ずあることを感じてもらうきっかけをつくりたい、
そんな想いからこのプロジェクトは始まりました。


花火は、本来、「追悼」「復興」の意味を持っているのだそうです。


花火を打ち上げることで、

東北を、日本を、花火で、元気に。



詳細な会場の位置については明確にされていません。
なぜならば、被災地の方々に優先的に
花火を観覧して頂きたいという想いと、
津波の被害が甚大だった地域での開催のため、
大勢の方にお越し頂く事が難しいためだそうです。


当日の様子に関して、TV中継、
ネット中継を行う方向らしいので、
実際に会場に行けない方にも
お楽しみ頂く方法はありそうですね。


花火を打ち上げるための募金や、
被災地へのメッセージも募集しているので、
気になった方はぜひサイトに。


投稿者: 藤本 日時: 2011年08月03日 12:36 |

 
 
 
"2011年08月"の記事
Categories
Monthly Archives
Search this site