ZUTTOのブログ

富士山

blog_fuji.jpg


昼間は残暑厳しいかと思いきや、夜になると空気もひんやりしてきましたね。
夜、お風呂上りに窓を開けて涼むのが楽しみになってきた丸山です。


先日、長年の夢だった富士登山をしてきました!
明け方から登り始めて、山小屋にも泊まらず日帰りするというなかなか
無謀なスケジュールだったのですが、なんとか7名全員無事に登頂することが出来ました!


上の写真はその登頂途中の写真。
自分の下に雲があることがとっても気持ちよかったです。
いままで、飛行機の中からでしか見られなかった景色を、風を感じながら
直に見ることが出来ます。


酸素と太陽の偉大さを再認識した富士登山でしたが、やはり日本一の山は
険しくも、美しくもありました。
現在、日本は富士山の世界遺産認定を目指しています。
富士山が世界遺産に認定されない理由の一つとして挙げられているのが、
【ごみ問題】だということをご存じでしたか?


私たちが5合目から登山を開始した際、スタッフの方にごみ袋を手渡されました。
「ごみが落ちていたら拾って下さい。」
なのでごみを探しながら登っていたのですが、須走口登山道には深刻だな、
と思うほどはごみが見当たりませんでした。
ボランティアの方々やNPO団体・山小屋の方々などによる清掃活動の
成果なのだと思います。


帰ってきて調べてみると、どうやら深刻なのは5合目よりもっとふもとの辺り。
車道から少し外れた林の中などに、タイヤや車の部品、家電などの不法投棄が
問題となっているのだとか。
そんなことをする人の気持ちは理解出来ません。
【富士山を世界遺産に】と提言する富士山会議は、全国から集まる寄付金で
こういった不法投棄ごみの片付け・再発防止を行っています。


東京に住んでいても、天気の良い日ビルとビルの合間から富士山を見ることが
出来た日はなんだかラッキーな気持ちになるものです。
近くにいなくても、私たち日本人にはやはり特別な山なのでしょうね。
2011年を目標に富士山を世界遺産に登録することを掲げている静岡県・山梨県など。
実現したら素晴らしいことだとは思いますが、それによって観光客の増加は必至です。
ごみ問題やモラルなど、いまと同じことが起きないよう、私たちの意識改革が必要なのです。

【富士山を世界遺産に】公式サイト


投稿者: 丸山 日時: 2009年08月25日 11:36 | | Trackbacks (0)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.zutto.co.jp/mt/mt-tb.cgi/230

 
 
 
Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Recent Comments
Recent Trackbacks
Search this site