ZUTTOのブログ

Earth Day Market

こんにちは!ZUTTOのまるやまですっ。

2月なのに、東京ではもう桜が咲く季節のような日もあります。
全国的になんだか変なお天気のようです。
それでも暖かい日は気分がいいので、週末はお出掛けしたくなりますね♪

先週末、代々木公園で開催されていた「Earth Day Market(アースデーマーケット)」に行ってきました!
Earth Day Marketとは、「食と農のつながり」を軸としたライフスタイルを
発信する場所。
関東近郊の農家・生産者が集って、旬の野菜やそうした食材を加工した食品を
販売しています。また、フェアトレード商品などを扱うテントもあるんですよ。
私がお邪魔した2月21日(土)は晴天!マーケットを散策している時は
コートを脱ぎたくなるような陽気でした。

それではEarth Day Marketレポートスタート!

EarthDayMarket入り口




EarthDayMarketの入り口。たくさんの人で賑わっていて、入り口からテンションが上がります!
ぽかぽか陽気がまた一層と気分をよくしてくれるのです♪

新鮮な産地直送野菜


入ってすぐに目を奪われたのが、産地直送野菜!
いたるところで、自慢のお野菜を売っていましたよ。
セット販売もしていて、どれもとても魅力的。



生産者・販売者の顔が見える安心な売り場


「この野菜はどうやって食べるのが美味しいんですか?」
なんて会話をしながら買い物するのも楽しい。
生産者さん・販売者さんと直接お会いするい貴重な機会です。



自然派お菓子屋さん


オーガニックな原料で作ったお菓子を売っていたり、



パン屋さん


複数のパン屋さんがEarthDayMarketの時だけ一緒にお店を出していたり、



オーガニックコットン製品のお店


オーガニックコットン製品や自然な洗剤を売っていたり。



歩いているだけで楽しい発見と出会いがたくさんあります。
「ちょっと見ていきなよ」と言われるとあっちへフラフラこっちへフラフラ(笑)
本当に色々な方とお話が出来て楽しかったです!
食に対して、自分の暮らしに対してより誠実に向き合いたくなるような場でした。


ここで、この日の私の戦利品をご紹介。

おもち


つきたてのおもち(お味噌と、きなこ)



新鮮なお野菜


産地直送の、カブと菊イモ(蒸し野菜にしていただきました!)



もちもちカンパーニュ


小麦の香りと味が濃い、もちもちカンパーニュ



フェアトレードにんじんジュース


フェアトレードの100%にんじんジュース(甘くて濃い!)



若者で賑わう渋谷から徒歩10分ほど。
代々木公園のけやき並木はまるで別世界でした。
EarthDayMarketのスケジュールを見たら、月1回くらいのペースで
行なわれているみたいです。
みなさんもぜひ!本当にオススメの週末の過ごし方ですよ☆




あ、お出掛けの際にはエコバッグをお忘れなく!

◆EarthDayMarketホームページ◆

投稿者: 丸山 日時: 2009年02月23日 18:25 | | Trackbacks (0)

(PRODUCT)REDをご存知ですか?

(PRODUCT)REDをご存知ですか?
これは、ロックバンドU2のボーカル、ボノと国際NGOのDATAが作り出した、
民間企業からHIVエイズ・結核対策基金へ持続的な資金提供をする寄付の
仕組みのこと。
PRODUCT REDのパートナーとなった企業は、(PRODUCT) REDという共通の
ブランドの商品を開発・販売し、その収益の一部を世界基金に持続的に
寄付します。

参加している企業はGAP、アップル・コンピューター、コンバース、など
私たちが普段購入するような商品のブランド。
つまり、私たちが(PRODUCT) REDの商品を購入すると、病気で苦しむ
人々を支援する活動や、医療の普及に直結するのです。

(PRODUCT)REDの商品は、見た目にもインパクト抜群です。
例えば・・・
・赤いアメリカンエクスプレスのクレジットカード(見たことないですよね!)
・赤いスターバックスのプリペイドカード
・(PRODUCT)REDのロゴが入った、アルマーニのサングラス  
・ipodnano(PRODUCT)REDスペシャルエディション
                                       などなど。

 

普段、なかなか現実のこととして実感することがなくても、HIVエイズの
拡大は世界で確実に進んでいることなのです。(日本でだって!)


「自分にも何か出来ることはないだろうか」そんなことを考えている時、
(PRODUCT) REDの商品を見つけたら前向きに検討してみて下さい。
無理して買うことはなくても、お友達に教えてあげて下さい。
いつか必要になった時、(PRODUCT) REDの商品だから、という購入の
きっかけを出来るだけ広げておきたいのです。


 ■PRODUCT REDについて詳しくは・・・
  ○世界基金支援日本委員会『PRODUCT REDとは』

  ○PRODUCT RED公式HP(英語)

投稿者: 丸山 日時: 2009年02月04日 14:58 | | Trackbacks (0)

 
 
 
"2009年02月"の記事
Categories
Monthly Archives
Search this site