ZUTTOのブログ

三ノ輪ネルドリッパー+ジョアキンコーヒー

こんにちは♪
ZUTTOの丸山です。

秋も深まり、朝・夜はちょっとずつ寒くなってきましたね。
そろそろ、温かい飲み物が恋しくなります。
私は、紅茶や日本茶が好きなのですが、今日はコーヒーのお話を・・・。
私はコーヒー通ではありませんが、コーヒーを淹れるのに最も
美味しいのはネルドリップだと言われているそうです。


「ネル」とは「フランネル」の略で、平織りにして両面に
起毛した柔らかな織物のことだそうです。
ネルフィルターはペーパーフィルターに比べ太い繊維の
集まりであるため、何度も使用するうちにネルにコーヒーの
成分が付着し、お湯とコーヒー粉との接触時間が長くなるため
コクが出るのだとか。


そんなお話を聞いたら、ネルで淹れたコーヒー未体験の私は、
どうしても飲んでみたくなっちゃいました。


ZUTTOでも人気のある、ネルドリッパーとコーヒーをセットで
楽しんでみます☆


minowa12.jpg


写真の三角フラスコのようなものが、小泉硝子製作所の
三ノ輪2丁目ネルドリッパー。

とっても愛らしい形をしています。
小学校の理科の実験を思い出してワクワクしてきます。

そして淹れるコーヒーは、ジョアキンコーヒーです。
ブラジルのジョアキンさん一家が丹精を込めてつくるコーヒー。
無農薬で良質なコーヒーは、濃厚でしっかりとしたお味です。


((さっそくネルドリッパーでコーヒーを淹れてみましょう!))


minowa4.jpg
ドリッパーにネルを設置します。


minowa5.jpg
ジョアキンさんのコーヒー粉を入れて


minowa6.jpg
熱湯より低めのお湯を注ぎます。
(苦味が減って、香りが増えるのだとか)


minowa7.jpg
大切なのは、「大胆に、均一に」。
乾いている部分がないようにお湯を注いで下さい。


minowa8.jpg
20~30秒むらします。
いい香りがしてきました!


minowa9.jpg
あとは、「の」の字を描くようにお湯を注ぎます。
濃茶色で細かい泡があると良い注湯なのだとか。

ドリッパーには、何杯分はいったか分かるように印が
ついているので、ちょうどいい分量がすぐに分かります。


minowa10.jpg
さあ出来ました。
本当にいい香りが広がっています!
早く飲みたい・・・


minowa11.jpg
それではいただきます♪

コクと若干のとろみがあって美味しいです☆
「濃い」味がよく分かります。
私には、ブラックはちょっと苦いのでミルクを入れて
飲みました♪


飲み終わったあとは、お湯を入れたボウルなどにネルを少し浸し、
コーヒー粉を洗い出します。
乾かせば、また何回も使えるので環境にも経済的にも嬉しいですよね。

ドリッパー本体は、専用のブラシ(5人用にのみ付属)で中まで洗って下さい。
ドリッパーのくびれと取っ手部分に巻かれている皮に水をつけないように
洗うのが多少気を使ってしまうのですが;


毎朝、何かとバタバタしてゆっくり出来ないのですが、ネルドリッパーで
淹れるコーヒーの美味しさを知ってしまった以上、一息つく時間も
確保したくなりました♪


三ノ輪2丁目ネルドリッパーを見てみる。
ジョアキンコーヒーを見てみる。

投稿者: 丸山 日時: 2008年10月20日 12:07 | | Trackbacks (0)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.zutto.co.jp/mt/mt-tb.cgi/163

 
 
 
Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Recent Comments
Recent Trackbacks
Search this site