ZUTTOのブログ

風の力を拝借

はじめまして、ZUTTOの丸山です。

最近、日中は半袖で軽やかに歩く人達を見かけます。
まだ夜は涼しいですが、これから一気に暑さも厳しくなり始めるのでしょうね。
そんな中、外を歩いている時に風が吹くと、なんとも清清しい気持ちになるものです。


そんな、風の力を借りて、地球環境に大きく貢献する取り組みがアメリカで行われて
いますので、ご紹介します。

アメリカのミズーリ州にロックポートという町があります。
人口1395人の小さな町が年間消費する電力は1300万kWh。
ここに、4基の風力発電を設置し、住民約715世帯に十分に供給出来る
年間1600万kWhが発電される見込みだというのです。

余った電力は電力会社が買い取るので、風力が弱く、電力をまかないきれない時には
買い上げた分の電力を各世帯に供給する仕組みなのだとか。
自分達が使う電気は自分達の身近な自然で賄うという考え方は、電気を使う時に少し、
自然に対して感謝の気持ちを持てるようになるかもしれません。


開発可能な風力発電が全世界で取り入れられたら、全世界が消費する5倍もの
エネルギーを、風力だけで生み出すことが出来るとも言われています。
本当に、自然の力は偉大です。

日本は風力発電にはまだまだ遅れをとっているようですが、国産の発電機の増加や、
風量測定の改善によって今後拡大の見込みが十分にあるようです。


風力発電だけでなく太陽光発電や地熱発電といった、再生可能エネルギーの飛躍によって、
地球の未来が拓いていくのかな、なんて思うと、応援せずにはいられません。

投稿者: 丸山 日時: 2008年05月27日 18:17 | | Trackbacks (0)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.zutto.co.jp/mt/mt-tb.cgi/137

 
 
 
Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Recent Comments
Recent Trackbacks
Search this site