ZUTTOのブログ

エコロジーに美しくなること

こんにちは。ZUTTOの春山です。

先日、池袋西武本店で開催されていた『エコビューティー・スタイル展』に行ってきました。
決して大きな会場ではなかったのですが、入れ替わり立ち替わり、
たくさんのお客様が足を運んでいらっしゃったように思います。

コスメ商品が中心でしたが、雑貨や衣料品なども置いてあり、
女性だけでなく、男性が見ても興味深い展示会だったのではないでしょうか?
ちらほらと、男性の姿も見かけました。

いろいろな環境に配慮したコスメ商品があって、
お仕事半分の気持ちで行ったつもりだったのですが、
最後は完全にお客様として楽しんできてしまいました。
テスターを試しすぎて、手の甲がおかしなことに。。
まだまだ勉強不足で、知らないブランドもあったのですが、
今後、ZUTTOでも取り扱えたらいいなぁと思うモノも見つかりました!
近いうちに、きっと。

池袋西武本店ではもう展示が終了してしまっているのですが、
6月1日(日)まで、そごう横浜店で開催されています。
お近くにお住まいの方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

ちなみに、現在ZUTTOで取り扱わせて頂いている「PERFECT POTION」も
会場では実際に手にとって見ることができます。


◇エコビューティー・スタイル展◇
 http://eco-beautystyle.com/

投稿者: 春山 日時: 2008年05月29日 21:03 | | Trackbacks (0)

食器用洗剤を使いきる

こんにちは。ZUTTOの春山です。

今日の東京は雨降りで、いよいよ梅雨がやってくるのか!とドキドキしています。
雨は嫌いではないですし、あじさいやかたつむりも好きなのですが、
お散歩をするのなら晴れの日のほうがいいな、と思います。


さて、いまZUTTOの会社では、ヤシ油由来の食器用洗剤を使っています。
とある洗剤屋さんから頂いた、排水後1週間でほぼ完全に生分解するという、
香料・着色料無添加の食器用洗剤です。
自然の原料から丁寧に作っているそうで、手荒れが少なくなる洗剤とのこと。

その洗剤がそろそろなくなりそうなのです。
洗剤を使いきると、これを1本分使いきってしまったのだなぁと思います。
ずいぶんたくさんの洗剤を流してしまいました。
排水処理施設がいくら優秀でも、泡の混じった水を流していると、
とても良くないことをしているという気持ちになることがあります。

次はECOVERを置こうかな?と思っているのですが、
もっとオススメの洗剤があるよ!という方は、ぜひ教えてくださいね。

投稿者: 春山 日時: 2008年05月29日 20:47 | | Trackbacks (0)

風の力を拝借

はじめまして、ZUTTOの丸山です。

最近、日中は半袖で軽やかに歩く人達を見かけます。
まだ夜は涼しいですが、これから一気に暑さも厳しくなり始めるのでしょうね。
そんな中、外を歩いている時に風が吹くと、なんとも清清しい気持ちになるものです。


そんな、風の力を借りて、地球環境に大きく貢献する取り組みがアメリカで行われて
いますので、ご紹介します。

アメリカのミズーリ州にロックポートという町があります。
人口1395人の小さな町が年間消費する電力は1300万kWh。
ここに、4基の風力発電を設置し、住民約715世帯に十分に供給出来る
年間1600万kWhが発電される見込みだというのです。

余った電力は電力会社が買い取るので、風力が弱く、電力をまかないきれない時には
買い上げた分の電力を各世帯に供給する仕組みなのだとか。
自分達が使う電気は自分達の身近な自然で賄うという考え方は、電気を使う時に少し、
自然に対して感謝の気持ちを持てるようになるかもしれません。


開発可能な風力発電が全世界で取り入れられたら、全世界が消費する5倍もの
エネルギーを、風力だけで生み出すことが出来るとも言われています。
本当に、自然の力は偉大です。

日本は風力発電にはまだまだ遅れをとっているようですが、国産の発電機の増加や、
風量測定の改善によって今後拡大の見込みが十分にあるようです。


風力発電だけでなく太陽光発電や地熱発電といった、再生可能エネルギーの飛躍によって、
地球の未来が拓いていくのかな、なんて思うと、応援せずにはいられません。

投稿者: 丸山 日時: 2008年05月27日 18:17 | | Trackbacks (0)

雨マークが楽しみになるレインブーツ

こんにちは。ZUTTOの春山です。

さて、そろそろ東京にも梅雨が忍び寄ってくる季節です。
南の方ではすでに梅雨入りをしているところもありますよね。


そんなわけで、今回は天気予報の雨マークが待ち遠しくなるレインブーツをご紹介します。

Coralのレインブーツは、東京にオフィスを構える2人のクリエイターが思い描いたデザインを、
兵庫で80年以上もの間、ゴム製品を造り続けているメーカーが形にすることで生まれた、
天然ゴム製の手作りレインブーツです。

Rain Boots PREMIER
実際に履いてみるとこんな感じ。
まるで革のブーツのような見た目をしています。

最近、雨に日の街に出ると、
長靴を履いた女の子を見るようになってきました。
けれども大抵がスポッと脱げる作りをしているので
どうしてもいかにも長靴!という感じが拭えません。

全5種類あります
Coralが手掛けたレインブーツは、
バックファスナーで開閉するようになっているので、
足首がキュッとすぼまった、きれいな形をしています。

天然ゴムを張り合わせて作っているのですが、
パーツとパーツの間からのぞく、オレンジ色や紫色も可愛らしい。

これだったら雨上がりの街も軽快に歩けそうです。

職人さんが手作りしています
そしてこのCoralのレインブーツ、先程も書きましたが、
職人さんたちが手作りをしています。

たくさんのパーツを丹念に方に貼り込み、
縫製が必要な部分は縫製し、
釜の中で一定の圧力と温度をかけて
ゴムの特性を引き出す。
そんな、精魂込めて作られたレインブーツなのです。

そのためたくさんは作れません。
今期は200足限定でご用意いただいたとのことです。

Coralのレインブーツ『PREMIER』ご興味のある方は、ぜひご覧下さいね。



◆『Rain Boots PREMIER』商品ページはこちらをクリック◆

◆『Coral』オフィシャルサイトはこちらをクリック◆

投稿者: 春山 日時: 2008年05月27日 12:30 | | Trackbacks (0)

ちいさな積み重ね

こんにちは。ZUTTOの春山です。
いまいちのお天気だったGWがあっという間に走り抜けて、
夏みたいなお天気がやってきました。
お休み明けの身体にはちょこっと堪えます。。


さて、4月から新しい生活を始められた方も
新しい環境で早くも1ヶ月を過ごしてしまったと思うのですが、
他にも早くも1ヶ月が過ぎてしまったことがあります。

京都議定書が定める「第一約束期間」です。

京都議定書とは、1997年12月開催された地球温暖化防止京都会議で定められた議定書で、
地球温暖化の原因となる温室効果ガス6種類について、
先進国における削減率を1990年を基準として各国別に定めたもの。
約束期間内に目標値を達成することが示されています。

日本では2012年の第一約束期間終了までに、6%の削減を目標としていますが
削減どころか、今もなお排出量は増えているのです。

最近では工場などの産業部門から排出される温室効果ガスは
少しずつ減ってきているそうですが、
家庭やオフィスなどから排出される量は増えているのだとか。
家庭での排出量が増えている背景には、
電気製品の大型化や新しい製品が登場し、一家庭が所有する電化製品が増えたこと、
核家族化で世帯数が増えていることなどが考えられるそうです。
現在、電力の約6割は火力発電でつくられているため、
電気を使えば使うほど、温室効果ガスであるCO2をたくさん排出することになってしまいます。


もう聞き飽きた言葉かもしれませんが、
自分ひとりが何かしたって変わらない…なんてことはないのです。
家庭にいるみなさんが、日々ちょこっとずつ地球に謙虚な暮らし方を選択していけば、
そのちいさな積み重ねが、絶対に世界を変えると、ZUTTOは信じています。

投稿者: 春山 日時: 2008年05月08日 21:41 | | Trackbacks (0)

 
 
 
"2008年05月"の記事
Categories
Monthly Archives
Search this site