ZUTTOのブログ

ZUTTOの棚田

こんにちは。ZUTTOの春山です。
最近、夜風が暖かくて気持ちがいいので、ふらりとお散歩をしてしまいます。
歩いているといろんな人やわんこ、にゃんこに遭遇して、それがまた楽しいところ。


さて、今回はZUTTOの棚田についてお話をさせてください。
ZUTTOは栃木県の茂木に棚田を持っています。
棚田とは、山の斜面などにある、お米を作る田んぼです。
ZUTTOでは、荒れてしまい、ただの山の斜面になってしまった棚田を
元どおりの田んぼにするために、ほんの少しだけお手伝いをしています。
というよりかは、自給自足ができたらいいな…という第一歩目として、
棚田で稲作を勉強しているところ。
食の安全!と口で言うのは簡単ですが、実際に農業を行なわないと
その辛さや楽しさ、問題点は見えてこないのだと思うのです。

先週末に行ってきたときは、こんな感じになっていました。

棚田
前日に雨が降ったために少し増水していますが、池ではありません。
最初は草が生い茂っていたのですが、田んぼになるように耕して水を張ったのです。

棚田の畔
あぜ道はこんな感じになっています。
今は土筆がにょきにょきと生えている季節です。

種まき中
農家の方に先生になって頂き、今回は種まきを行ないました。
5月の半ばの田植えまでに元気な苗が育ちますように、とみんな真剣です。

9月の収穫まで、随時ZUTTOの棚田についてご紹介してまいります。
完全無農薬なので、草刈りなどこまめにお手入れをする必要があるのですが、
手を掛けた分だけ、きっとおいしいお米ができるんですよね。

この日は「いきもの調査」も行い、田んぼに生きるいきものたちを探しました。
小さな虫やドジョウやカエルがいる田んぼは、安心で正常な田んぼ!
ということで、どんないきものがいるのか目を凝らして調査を敢行。
正直虫は苦手だったのですが、途中から段々と虫たちが愛らしく思えてきました。
益虫や害虫というのは、人間の都合で勝手に決めてしまっただけのこと。
みんな生きているいきものなんですよね。
(これは、毎日たくさんの虫たちと接することはない人間の意見なのかもしれませんが…。)



ちなみに、この子たちは農家の先生のお家にいるニワトリさんたち。
先生の家のニワトリさん

お花を食べるニワトリさん
拓けた小屋の中で気ままに歩き回っていました。
柵の外に首を伸ばして、青い花の咲く草をつまみ食い。

投稿者: 春山 日時: 2008年04月24日 11:48 | | Trackbacks (0)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.zutto.co.jp/mt/mt-tb.cgi/132

 
 
 
Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Recent Comments
Recent Trackbacks
Search this site