ZUTTOのブログ

お気に入りのバッグでお買い物を

エコバッグ。
実際どのくらいの方が使っていらっしゃるのでしょう?

私の場合、スーパーマーケットにお買い物に行く時は、
「絶対に買い物をする」と分かっているので持って行きますが、
普段、お散歩がてらお買い物をする時にはエコバッグを持ち歩いていません。
たいてい大きなバッグを肩掛けにしているので、袋をお断りするようにしています。できるだけですが。

そもそも「エコバッグ」という言葉には、私はちょこっと違和感を感じます。
結果的に袋をもらわないことでエコロジーになりますが、
環境問題以前に使い勝手の良さや、楽しさ、かわいらしさがあって、
いつもカバンやポケットの中に忍ばせてある、そんなバッグだったらいいのになと思うのです。
もちろん地球のことを考えて、というのは素敵なことなのですが、
味気ない白いレジ袋を提げて街を歩くのではなく、
どうせならお気に入りのマイバッグを持ち歩くという気持ちでいられたら、
それはきっともっと素敵なことだと思うのです。


先日、近所のスーパーマーケットで買い物をしたときに、
レジで前に並んでいた男性がポケットから風呂敷を取り出し、レジ袋を断っていました。
その様子がとても自然で、こういった光景が思わず目がいってしまう珍しいものでなくなり、
当たり前のようにみんながマイバッグや風呂敷をさっと取り出せるようになったらいいのにと思いました。

身近で、日々の習慣であることを地球と自分に優しくなるように見直してみると、
案外それが結果として立派なエコロジー活動になっていたりします。

まずは自分も楽しくなれるマイバッグの持参から、私も挑戦してみようと決心です。
ZUTTOでもマイバッグの取り扱いを増やしていけたらなと思っています。


ちなみに主婦の方に「どんなエコバッグが好みですか?」と聞いたアンケートでは、
「たためてコンパクトになるタイプ」や「水に強いもの」といった意見が寄せられたそうです。

さすが毎日お買い物をされる主婦の方々。
毎日使うものとして、マイバッグが考えられているからこそのご意見です。

投稿者: 春山 日時: 2007年11月07日 20:37 | | comment (4) | Trackbacks (0)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.zutto.co.jp/mt/mt-tb.cgi/107

コメント

エコバッグについてですが、エコ先進国のドイツに住んでいたので一言。日本はエコ意識でドイツに数十年遅れてます。レジ袋(有料)を断るのがドイツでは常識(と言うか、いわなければ売ってくれない)。で、皆バッグの中にエコバッグを入れてますが、そのほとんどが薄い布製で使い古した見た目はしようもないものです。もともとエコバッグに見た目は追求されてませんよ。だからどんな人でも持ち歩くのです。ファッションの一部ではないのです。ずっと のブログを書いてる方が、エコ先進国の様子しらないのですか?正直、ちょっと驚いたブログでした。でも、ずっと は良心が感じられるHPで好きですから、頑張って下さい。で、本物のエコについて少しでも学んで下さい。

武藤 美紀 様、エコバッグについてご指南頂きましてありがとうございます。

まだまだ勉強不足なところが多すぎて、無知を晒すことも多いとは思いますが、
おっしゃるとおりに本物のエコロジーをもっと学んでいけたらと思います。
こういったコメントを頂けると、本当に勉強になります。

エコバッグについてですが、格好をつけたファッションにしてしまえばいい
というつもりだったのではなく、楽しむ気持ちがあってもいいのではないかな
と思って書かせて頂きました。
私の認識の範囲では、ドイツのお店で買うエコバッグは、
お店のロゴなどが入っているものもあって、少なくともビニールのレジ袋よりも
はるかに楽しい気持ちになれるものでした。
けれどもそれが当たり前として根付いている国では、
そこに楽しさやかわいらしさを求めはしませんよね。
現地での事情を伺い、納得しました。

今回コメントを頂けたことで、よりエコバッグについて調べてみたいという気持ちになれました。
ありがとうございます。

今後もなにかの機会にご教授頂けましたら幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

はじめてHPを拝見し、楽しくてコメントまで書いています。

私が今愛用しているエコバッグは、保冷シートが内側全体に施されているものです。
そういう作りなので、簡単に畳んで持ち歩きさっと取り出す、という使い方はできないのですが、「これから肉や魚を買いにいくぞ!」という時の強い味方です。
バッグ内部に保冷剤を入れるポケットがついており、冷凍庫に常備してある保冷剤をそこに入れて、バッグの口をファスナーできゅっと閉めて、出かけるのです。

車を使わない生活をしているので、そして幼児2人を抱えているので、夏はこのバッグお供にスーパーまでてくてく歩いて…
なかなか疲れますが(笑)、やれるところまで続けてみようかな、と思っています。

数年前に、母からもらった「I」のつくデパートのオリジナル商品です。
小さく畳める素材で保冷機能がついたエコバッグだったら、仕事を持つ主婦に絶対売れると思うのですが、見かけたことないです。
銀色の少し厚手の保冷シートをコンパクトに畳めるようなものにするのは、難しいのかなぁ、と思います。

香央里さま、コメント頂きありがとうございます。
楽しく読ませて頂きました!

確かに保冷シート付きのエコバッグで折りたためるものって見ませんね。
たためても申し訳程度な気がします。
最近はくるくると丸めて、ぱちんととめることができるバッグも多く、
それに比べたらかさばるようには感じます。

けれども、買った食材をひんやりしたままにしておける保冷シート付きエコバッグは、
毎日のようにお買い物をする方には必需品ですよね!

私も母と兼用で保冷シート付きのエコバッグを使うようにしています。
我が家のは割と平たい形をしているのでたくさんは入らないのですが、
お魚やお肉を買うのには充分な大きさです。

おこさまと一緒にお買い物って、傍目から見るとほほえましいのですが、
実はかなり気を使うものなのですよね。
大変なことも多いとは思いますが、私も持つように心がけますので、
エコバッグ同盟(?)続けていけたらと思います。

そういえば最近気になっているのは、レジカゴにすっぽりとかぶせられるエコバッグです。
ジュートのものやカラフルなものなどいろいろ出回っているようですが、
今あるバッグがまだまだ現役なので、もう少しがんばってもらわなきゃかなと思っています。

よかったら、お暇な時にでもまたブログに遊びにいらしてくださいね。
お待ちしています!

この記事にコメントをする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

 
 
 
Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Recent Comments
Recent Trackbacks
Search this site