ZUTTOのブログ

またまた動物園の仲間たち

今朝は、開かずの踏み切りに引っかかってしまいました。
同じく引っかかってしまった人たちが、電車の通過の合間を見計らって踏み切りをくぐるのを見ると、
みんな時間と戦っているのだなぁと逆に落ち着いた気分になってしまいます。
自分も急がなくてはならない時間なのですが。。


毎日のお仕事や学校で、ほんの少し癒されたいなという時にオススメしたいモノが加わりました。アニマルラバーバンドZOO アニマルラバーバンドDINO アニマルラバーバンドPET

びょーんと引っ張っても、ぐるぐる束ねても、とけばくるんと元通りの形になるアニマルラバーバンド。
ジュラシックパークの恐竜と、ふれあい広場の動物たちに加えて、
ZUTTOでは新しく動物園にいる動物たちが登場しました。

こんな子たちを使ってデスクワークや勉強をしていたら、時間に追われてやることがたくさん!
というときでも、ちょっぴりほっとできそうです。

この商品をデザインした「パスキーデザイン」の方々は、
「愛着を持って長く使えるサスティーナブルなプロダクトを提案したい」と考えてデザインをしています。
シリコン製の輪ゴムにしたのは、天然ゴムの輪ゴムに比べて劣化が少ないから。
捨てることができないデザインにしたことに加えて、素材自体も長く使えるものをと思ったのだそうです。


最近リサイクルがさかんに叫ばれています。
ペットボトルをもう一回ペットボトルにしたり、洋服にしたりといった取り組みが良く知られていますよね。
けれども廃ペットボトルをもう一回製品にするのにも大量のエネルギーを消費してしまいます。
リサイクルを推進するよりも、まずは使わないで済むモノを買わず、使わず、
今あるものを大切に使ってゴミ自体を出さないことが大切なのです。

すぐにどこかへなくしてしまったり、細くなってちぎれてしまったりする輪ゴムたち。
使い捨てにならないよう、なくしたら悲しくなる動物の輪ゴムを使うようにするのも、
きっとひとつの環境配慮です。

投稿者: 春山 日時: 2007年10月19日 20:46 | | Trackbacks (0)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.zutto.co.jp/mt/mt-tb.cgi/100

 
 
 
Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Recent Comments
Recent Trackbacks
Search this site