ZUTTOのブログ

甘い季節がやってきた

チョコレート好きな方々に朗報です。
ついに今年もフェアトレードチョコレートの販売が開始されました!
今年はやさしい甘さの定番ミルク(写真左)と、ほろ苦さが見え隠れするカカオチップ(写真右)をご紹介します。

フェアトレードチョコレート ミルクフェアトレードチョコレート カカオチップ

乳化剤を使用せずにじっくりと練り上げて作るので、本当のカカオの味わいを楽しめる、
変に油っぽくないチョコレートです。
チョコレートに対する意識が変わるかもしれません。。


フェアトレードの食品のおいしさは、どこか特別なものがあります。
もちろん思いやりの気持ちを買うという側面もあるので、それでよりおいしいと感じられるのかもしれません。

けれどもそれだけではなくて、本当においしいものをおいしくする方法で作っているからなんだろうと思います。

フェアトレードといってよく耳にするのがチョコレートやコーヒー。
これらを生産する農園は、多くが整備されていない環境の元、過酷な労働を行なうことで成り立っています。
そんな血のにじむ様な思いをして作ったカカオやコーヒー豆をどうやって売ったらいいのか、
規模の小さい農園では販路を確保できず、収入が入らないことも多いのだそうです。
販路を確保できたとしても、外国の大きな会社に安値で買い叩かれ、ろくな生活は送れないといいます。

そんな環境で、本当においしくて幸せな気持ちになれるチョコレートやコーヒーを作ることができるでしょうか?

私の知っているあるカフェのオーナーさんは、
農園に行って一番に見るのはその農園の人たちが幸せな顔をしているか、
ちゃんとした服を着ているかだとおっしゃっていました。
イヤな気持ちで作った農作物は、おいしく育ってくれないのかもしれません。


カカオを作る仕事に従事する子ども達が、奴隷のように扱われているという問題をよく耳にします。
カカオを作っているのに、これがどんなに甘くてとろけるチョコレートになるのかを知らず、
もちろん口にしたことなど一度もないのだそうです。

私たちはとんでもない贅沢をしているのですよね。

農園で働く人たちが少しでもいい顔をして、幸せに仕事ができるように…
本当においしいチョコレートを買うことがその貢献の第一歩となるなら、自分だって幸せだと思うのです。

投稿者: 春山 日時: 2007年10月30日 19:14 | | Trackbacks (0)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.zutto.co.jp/mt/mt-tb.cgi/105

 
 
 
Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Recent Comments
Recent Trackbacks
Search this site