ZUTTOのブログ

オーガニックのこと

この頃すっかり陽が落ちるのが早くなりましたね。
天候がいまひとつなせいかもしれませんが、最近夕日を見ていない気がする春山です。

いまZUTTOでは、オーガニックなシャンプーを取り扱う準備をしています。
オーガニックコスメにお詳しい方は、「あれのことかな?」と
いくつか思い浮かべることができるかもしれませんね。


ところで「オーガニック」ってなんのことなのでしょう?
私自身不勉強でいけないのですが、最近まで意味も良く分からずに使っていました。

まぁ、なにかしら身体にも環境にもいい感じのことなんだろうなぁという程度の認識で。

「オーガニック」とは直訳して「有機の」という意味。
そして「有機栽培」とは、「化学肥料を使わず、堆肥や生物などを利用し、
また遺伝子操作をせずに作る無農薬農法」のことです。
「オーガニック」を名乗るには、第三者機関の認定を受ける必要があります。

世界には様々なオーガニック認定機関があります。
たとえばドイツの「BDIH」やイギリスの「soil association」など…
見ただけではどんな機関なのかさっぱりですし、機関によって認定基準も異なるのですが
どれも有機栽培で作られた植物を使った製品であることを、認定するための機関なのです。

ちなみにドイツの「BDIH」が設けている基準は以下のとおりです。(自然化粧品認定のガイドライン)

 ・可能な限り有機栽培または野生の植物から抽出した原料を使用する
 ・生態系に影響を与えない
 ・動物実験は行わず、動物からとった原料も使用しない
 ・合成着色料、合成香料、シリコン、パラフィン、石油製品、エトキシ化物質は使用しない
 ・天然成分で防腐する
 ・遺伝子組替成分の未使用
 ・リサイクル可能で環境に優しい容器を使用すること

なかなか優等生な基準が並んでいます。
オーガニックを名乗るためには、これだけ厳しい条件をクリアする必要があるんですね。

オーガニックはあいまいな感じにいいことをしているのではなく、
厳密なルールの下で成り立っているのだということをお伝えしたかったのですが、
今回は小難しい話をしてしまいました。


今度みなさまにご紹介するシャンプーは、
そんな厳密な基準のに基づいて作られた植物を原料にした、
畑や草原の香りがしそうなシャンプーです。

投稿者: 春山 日時: 2007年10月03日 17:54 | | Trackbacks (0)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.zutto.co.jp/mt/mt-tb.cgi/94

 
 
 
Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Recent Comments
Recent Trackbacks
Search this site