ZUTTOのブログ

本日、傘のお忘れ物が大変多くなっております。

最近ZUTTOのある東京は不安定な天気が続いています。
分厚い雲から滝のように雨が降ってきたかと思うと、
雨降りで綺麗になった空から突然日が差し込んでくるなんていう天気なのです。

そんなわけで、最近そこかしこで置いてきぼりの傘を見ます。
そしてたいていが透明なビニール傘なのです。
あんなに立派なつくりをしているのに、どうして使い捨て商品になってしまうのでしょうね。

こんな疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか?

先日、環境に配慮された、ユニバーサルデザインな花模様のビニール傘を
表参道に咲かせるというイベントが行われました。
そんな楽しいビニール傘だったら、使い捨てになんてできません。
うっかり電車の中に置き去りにしてしまったら悲しい気持ちになります。
愛着を持って使えるものを持つことが、使い捨て生活にストップをかけてくれそうです。

ZUTTOでも愛すべき傘を扱っています。
自分だけの青空をかざしておでかけができるスカイアンブレラです。
雨降り天気だと外出がつい億劫になりますが、
青空がおともだと、ほんの少し軽快な足どりで出発できる気がします。



この間の台風の日の朝、壊れてもいい傘をと思って、
玄関にあった大振りなビニール傘をさして家を出ました。
けれども横断歩道を渡っている間に、突風にあおられ、
見るも無残な壊れ傘になってしまったのです。
近くにあったコンビニエンスストアで新しいビニール傘を買いながら、
壊れてもいい傘をなんて思って使ったから、あっという間に壊れてしまったのかもと
少し悲しい気持ちになりました。
本当は平凡でありふれたビニール傘1本に対してだって、
大切に使おうという思いで接しなくてはいけないですよね。

今回買った傘は、長生きして、大活躍してくれますように。

投稿者: 春山 日時: 2007年09月12日 21:37 | | Trackbacks (0)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.zutto.co.jp/mt/mt-tb.cgi/84

 
 
 
Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Recent Comments
Recent Trackbacks
Search this site