ZUTTOのブログ

ずっとということ

こんばんは。ZUTTOの春山です。


またまたご無沙汰しておりましたが、
先週末の連休で、北海道にひとっ飛びして来ました。

北海道には昔から続く風景、文化が残されています。
きっとどんな地域でも昔から続くものってあるのでしょうけれども、
日本のようで日本でない文化が息づいているから、
それを顕著に感じるのかもしれません。沖縄もそう。

もちろん、そういった古くてもいいモノ・コトを大切にしようという動きがあるからこそ、
守られて、続いていくことができるのでしょうけれども、
それをずっと愛し続けていることが、末永く続くことの秘訣なのかなと思いました。

なんとなく、北海道に生きる人たちを見ているとそんな気がしてきます。


「ずっと」というのはなかなか難しいことです。
どこまでやったら、いったら「ずっと」なのか…
中には自分の力だけでは成し得ないこともあります。
もしかしたら大半は自分だけの力ではなんともならないのかもしれません。

最近は美しい地球をずっと残そうとか、ずっとモノを大切にしようとか
「ずっと」という言葉がなにかと叫ばれます。

かくいうこのオンラインショップも「ZUTTO(ずっと)」です。

ずっと愛着を持ち続けること、ずっと愛し続けることとはなんなのだろう、
そうした末になにが生まれるのだろう、もしくは守ることができるのだろう…
もっと「ずっと」という言葉を大切に使わないといけないな、
と思い直すきっかけをくれた北海道の旅でした。


ちなみにですが私は生まれてこのかた、東京を長く離れて暮らしたことがありません。
そんな私に向かって、一緒に旅をしたヒトが言ったのがこんな言葉。
「自分たちが日常だと思ってることはほとんど非日常なんだよね。」

私にはだいぶ重たい言葉になりました。

投稿者: 春山 日時: 2007年09月25日 20:10 | | Trackbacks (0)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.zutto.co.jp/mt/mt-tb.cgi/89

 
 
 
Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Recent Comments
Recent Trackbacks
Search this site